意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「秀外恵中」の意味とは!類語や概要

日本語には、実に様々な四字熟語がありますが、使い方によっては、非常に便利な表現方法となってきます。

しかし、その言葉の中にも、普段あまり使うことのない四字熟語もあり、どのように使っていいのかイメージすることさえ難しいものもあります。

その1つに「秀外恵中」という熟語がありますが、これはどのような意味があるのでしょうか?

秀外恵中

Meaning-Book
「秀外恵中」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「秀外恵中」とは?
  • 「秀外恵中」の表現の使い方
  • 「秀外恵中」を使った例文と意味を解釈
  • 「秀外恵中」の類語や類義語


「秀外恵中」とは?

「秀外恵中」とは、「容姿がとても美しくて頭脳も優れている」ことを指している四字熟語です。

「外」は外見や容姿のことを意味しており、「中」は内心のことを言っています。

  • 「秀外恵中」の読み方

「秀外恵中」の読み方

「秀外恵中」「しゅうがいけいちゅう」という読み方をしますが、日常会話で使っている人がほとんどいないので、ここで正確に読めるように覚えておきましょう。



「秀外恵中」の表現の使い方

「秀外恵中」「風姿が立派で美しく内に高い知性を備えていること」という意味を持っていますので、美しいだけでなく性格もよく頭脳明晰な人を指して使うことになります。

世の中には「完全なる人間」は存在しないと言われることがありますが、それでも「秀外恵中」に当てはまる人がいるものです。

「秀外恵中」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「秀外恵中」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「秀外恵中」を使った例文1
  • 「秀外恵中」を使った例文2

「秀外恵中」を使った例文1

「秀外恵中な彼女は、僕となんかは釣り合わないので、付き舞うことが本当にできるのだろうか」

相手が「秀外恵中」な女性なために、交際することに弱気になっている「僕」です。

しかし、「美女と野獣」とまでは行かないまでも、決して諦める必要はないと思います。

「秀外恵中」な人だけに性格も良くて、交際相手の外見にこだわることなく、優しく接してくれる可能性もあります。

むしろ、頭のいい人で性格も申し分なのですから、そんなことを気にする必要がないと思います。

「秀外恵中」を使った例文2

「私は不細工で頭も悪いのでので、友人のように秀外恵中な人が羨ましく思えてなりません」

この例文の「私」も自分のことを卑下しすぎかもしれません。

不細工と思っていても、もしかすると、他の人はそのように思っていない可能性だってありますし、ましてや内面を磨くことも大切なことです。



「秀外恵中」の類語や類義語

ここで、「秀外恵中」に似ている言葉にどのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「才色兼備」【さいしょくけんび】
  • 「容姿端麗」【ようしたんれい】

「才色兼備」【さいしょくけんび】

「才色兼備」という四字熟語が「秀外恵中」の類義語として挙げることができます。

「賢く才能がある上に、美しさも兼ね備えた女性のこと」を指していますが、「秀外恵中」よりも浸透している言葉でしょう。

「容姿端麗」【ようしたんれい】

「容姿端麗」という言葉も類義語として扱うことができる言葉で、「姿形がきちんと整って美しいこと」という意味のある言葉です。

icon まとめ

「秀外恵中」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、めったに使うことがない言葉だけに、日常で使うことが難しく思えるかもしれません。

これを機に実際の会話の中で試してみると面白いでしょう。