意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「癖が強い」の意味とは!類語や概要

「癖が強い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「癖が強い」という言葉を使った例文や、「癖が強い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「癖が強い」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「癖が強い」とは?
  • 「癖が強い」を使った例文や短文など
  • 「癖が強い」の類語や類義語・言い換え


「癖が強い」とは?

「癖が強い」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの周りにも、「癖が強い人だな」と感じる人が、いるのではないでしょうか。

一方で、「癖が強い」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「癖が強い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「癖が強い」の読み方
  • 「癖が強い」の意味

「癖が強い」の読み方

「癖が強い」「くせがつよい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「癖が強い」「くせがつよい」と読みましょう。

「癖が強い」の意味

「癖が強い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「癖が強い」「癖」という言葉には、「無意識に出てしまうような偏った好みや傾向」という意味があります。

このような「癖」が強く出てしまうタイプの人は、「癖が強い」と言えるかもしれません。

「変り者」「独特な人」などと言い換えてもいいでしょう。

このように「癖が強い」という言葉には、「無意識に出てしまうような偏った好みや傾向が強く出る」という意味があります。



「癖が強い」を使った例文や短文など

次に「癖が強い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「癖が強い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「癖が強い」を使った例文1
  • 「癖が強い」を使った例文2

「癖が強い」を使った例文1

「Aさんは『癖が強い』人のため、慣れるまで時間がかかる」

この例文に登場するAさんのような人は、独特の世界観を持ち過ぎているため、初めて接した時は、何を考えているか理解できないかもしれません。

このような人に慣れるまでには、かなり時間がかかるでしょう。

「癖が強い」を使った例文2

「Bさんは地方訛りと、独特のニュアンスがまざり、『癖が強い』話し方になっている」

Bさんの話し方は、地方訛りがあるだけでなく、Bさん独特のニュアンスがまざるため、まさに「癖が強い」ようです。

芸能人の中にも、キャラが強い人がいますが、このような人は「癖が強い」話し方をする傾向があります。

「癖が強い」の類語や類義語・言い換え

続いて「癖が強い」の類語や類似表現を紹介します。

「癖が強い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「あくが強い」【あくがつよい】
  • 「ユニーク」

「あくが強い」【あくがつよい】

「あくが強い」という言葉には、「一般的に受け入れられないような、強い個性がある様子」という意味があります。

鍋を煮ると「灰汁」が出ますが、「あくが強い」「あく」は、この「灰汁」が由来になっています。

「ユニーク」

「ユニーク」というカタカナ語には、「独特の」「唯一の」という意味があります。

他にはなかなか存在しないような人を見た時、「ユニークな人」などと言います。



icon まとめ

「癖が強い」という言葉について見てきました。

普通と違っている人や、独特の世界観を持っている人を見た時に、「癖が強い」という言葉を使ってみましょう。