意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自己過信」の意味とは!類語や概要

「自己過信」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「自己過信」という言葉の理解を深めていきましょう。

自己過信

Meaning-Book
「自己過信」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「自己過信」とは?
  • 「自己過信」の具体例や表現の使い方
  • 「自己過信」を使った例文と意味を解釈
  • 「自己過信」の類語や類義語


「自己過信」とは?

「自己過信」とは自分の価値、力量といったものを実力以上にあると思っていることを言います。

  • 「自己過信」の読み方

「自己過信」の読み方

「自己過信」とは「じこかしん」と読みます。



「自己過信」の具体例や表現の使い方

「自己過信」とは、自分の価値、力量が、本来の実力以上にあると高く評価していることであり、仕事などにおいてはそれほど実力があるわけではなくても「自分がみんなを引っ張っている」「自分がいなければここは回らない」という風に信じていることを言います。

その度合いが強いと「自己過信している」から「勘違いが激しい」「自分がわかっていない」など周りからは呆れられてしまうことになります。

使い方としては「才能を自己過信している」「自己過信して、結局は失敗した」などと使います。

「自己過信」を使った例文と意味を解釈

それでは「自己過信」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「自己過信」を使った例文1
  • 「自己過信」を使った例文2

「自己過信」を使った例文1

「自己過信で、突っ走らないで欲しい」

「自己過信」とは自分の力量を実力以上にあると思うことで、思い上がっている状態のことです。

そのような状態で突っ走ることは、周りからすれば、失敗されたり、迷惑をかけられたりと心配が沢山あるのです。

「自己過信」を使った例文2

「自己過信が油断となり、大失敗に繋がった」

「自己過信」とは本来の状態を把握できていなくて、自分は大丈夫であると信じている状態です。

それは気が緩んでいる、注意を怠っている状態とも言えますから「油断」です。

「自己過信」は失敗と背中合わせであると言えるでしょう。



「自己過信」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「自己過信」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「慢心」【まんしん】
  • 「自惚れ」【うぬぼれ】

「慢心」【まんしん】

「慢心」とは自慢をしていい気になっていること、おごり高ぶっていることを言います。

「慢心は身を滅ぼす元だよ」「お世辞で褒められているだけなのに、慢心するとは、馬鹿な奴だ」などと使います。

「自惚れ」【うぬぼれ】

「自惚れ」とは実際以上に、自分を優れていると思うこと、また得意になっていることを言います。

「自惚れもいい加減にしろ」「彼女は本当に自惚れが強いんだね」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「自己過信」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「自己過信」とは自分のことをわかっていない状態です。

価値、力量、才能といったものを実際以上に高く評価していることを言います。

「慢心」「自惚れ」といった類語と併せて覚えておきますと、意味を忘れにくくなります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしていきましょう。