意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一刀両断」の意味とは!類語や概要

「一刀両断」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一刀両断」という言葉を使った例文や、「一刀両断」の類語を紹介して行きます。

一刀両断

Meaning-Book
「一刀両断」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「一刀両断」とは?
  • 「一刀両断」を使った例文や短文など
  • 「一刀両断」の類語や類義語・言い換え


「一刀両断」とは?

「一刀両断」という言葉を知っているでしょうか。

「もめごとを、一刀両断する」場面を見たことがあるかもしれません。

一方で、「一刀両断」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「一刀両断」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一刀両断」の読み方
  • 「一刀両断」の意味

「一刀両断」の読み方

「一刀両断」「いっとうりょうだん」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「一刀両断」は、「いっとうりょうだん」と読みましょう。

「一刀両断」の意味

「一刀両断」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「一刀両断」には、「一太刀で真っ二つに断ち切ること」という意味があります。

また「一刀両断」には、「速やかにハッキリとした処置を取る」という意味もあります。

「もめごとを一刀両断する」という時は、もめごとを速やかに、はっきりした処置を取り、解決した場面になります。

このように、「一刀両断」という言葉には、「一太刀で真っ二つに断ち切ること」という意味や「速やかにハッキリとした処置を取る」という意味があります。



「一刀両断」を使った例文や短文など

次に「一刀両断」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一刀両断」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一刀両断」を使った例文1
  • 「一刀両断」を使った例文2

「一刀両断」を使った例文1

「敵の大将を『一刀両断』する豪傑」

この例文は、戦国絵巻に登場する豪傑の様子を文章にしたものです。

敵の大将の目前に切り込み、一太刀で真っ二つに断ち切ってしまった様子は、ド迫力シーンになるでしょう。

「一刀両断」を使った例文2

「こんがらがった問題を、Aさんが『一刀両断』する」

この例文のように、複雑な要素がからまったような問題を、速やかに処理できる人が登場すると、問題にかかわっていた人は助かるかもしれません。

Aさんは速やかに、ハッキリとした処置ができる、「一刀両断」できる人です。

「一刀両断」の類語や類義語・言い換え

続いて「一刀両断」の類語や類似表現を紹介します。

「一刀両断」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「切り捨てる」【きりすてる】
  • 「叩き切る」【たたききる】

「切り捨てる」【きりすてる】

「切り捨てる」には、「必要でない部分を切って捨てる」という意味があります。

「余剰人員を切り捨てる」などという使い方をします。

「叩き切る」【たたききる】

「叩き切る」には、「勢いよく切る」という意味があり、「切る」を強調した言葉になります。

「敵を叩き切る」などという使い方をします。



icon まとめ

「一刀両断」という言葉について見てきました。

歴史小説などで、一太刀で敵を真っ二つにする場面を見た時、また速やかに、はっきりとした処置をする様子を見た時に、「一刀両断」という言葉を使ってみましょう。