意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「商才」の意味とは!類語や言い換え

「商才」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「商才」という言葉を使った例文や、「商才」の類語を紹介して行きます。

商才

Meaning-Book
「商才」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「商才」とは?
  • 「商才」を使った例文や短文など
  • 「商才」の類語や類義語・言い換え


「商才」とは?

「商才」という言葉を知っているでしょうか。

「商才にたけた人」が身近にいるかもしれません。

一方で、「商才」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「商才」という言葉の意味を紹介します。

  • 「商才」の読み方
  • 「商才」の意味

「商才」の読み方

「商才」「しょうさい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「商才」「しょうさい」と読みましょう。

「商才」の意味

「商才」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「商才」には、「商売をするのに適した才能」という意味があります。

また「商売を成功させるために必要な才能」という意味があります。

身近な「商才にたけた人」は、商売を成功させるために必要な能力を持っている人ではないでしょうか。

このように「商才」という言葉には、「商売をするのに適した才能」「商売を成功させるために必要な才能」という意味があります。



「商才」を使った例文や短文など

次に「商才」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「商才」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「商才」を使った例文1
  • 「商才」を使った例文2

「商才」を使った例文1

「現在飲食店オーナーのAさんは、学生時代から『商才』があると言われていた」

この例文に登場するAさんは、現在、飲食店のオーナーとして活躍しているようです。

このような人は、例文のように学生時代から商売の才能を見込まれていたかもしれません。

「商才」を使った例文2

「大学に入って、『商才』を伸ばす」

この例文のように、自分の商売の才能を伸ばすために、大学に入る人がいるかもしれません。

生まれつきの勘の良さに加え、学校で商売の基本を学べば、より「商才」を伸ばせるかもしれません。

世界を代表するような経営者になるのも、夢ではないでしょう。

「商才」の類語や類義語・言い換え

続いて「商才」の類語や類似表現を紹介します。

「商才」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「商売上手」【しょうばいじょうず】
  • 「世渡り上手」【よわたりじょうず】

「商売上手」【しょうばいじょうず】

「商売上手」には、「商売をして金儲けが上手なこと」という意味があります。

同じような状況で、なぜか利益を出すのが上手い人などは、「商売上手」と呼ばれるかもしれません。

「世渡り上手」【よわたりじょうず】

「世渡り上手」には「世間を上手にわたる術を身に着けている人」という意味があります。

生きるのが難しい時代と言われる中で、水を得た魚のように生き生きしている人は「世渡り上手」かもしれません。



icon まとめ

「商才」という言葉について見てきました。

商売の才能がある、商売を成功させる才能があると感じる人を見た時、「商才」という言葉を使ってみましょう。