意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「チャカショウ(茶咖匠)」とは?!解説

この「チャカショウ(茶咖匠)」は、主に東京都内で展開されているドリンクチェーン店です。

茶咖匠

Meaning-Book
「チャカショウ(茶咖匠)」とは?!解説>


目次

  • 「チャカショウ(茶咖匠)」とは?
  • 「チャカショウ(茶咖匠)」の概要
  • 「チャカショウ(茶加匠)」は略字表現?


「チャカショウ(茶咖匠)」とは?

「チャカショウ(茶咖匠)」とは、2019年7月現在、全15店舗を構えているドリンクチェーン店の名称です(同年の8月、9月に1店舗ずつオープン予定があります)。

15店舗のうち、14店舗が東京都内に存在する為、他の都道府県の人にはそれほど親しみがないかも知れませんが、「タピオカ」を使ったドリンクで有名になったお店で、有名店は休日には行列ができるほどの人気です。



「チャカショウ(茶咖匠)」の概要

「チャカショウ(茶咖匠)」の店舗は、緑の地に白色のコミカルな文字で「茶咖匠」と書かれた看板が目印です。

原宿店、自由が丘店、吉祥寺店が特に人気となっており、2019年8月中には渋谷店もオープンする予定です。

先に上げた2019年7月時点での全15店舗、及びその後にオープン予定の2店舗も合わせて、都内以外の店舗は大阪の中央区にある1店だけで、全国展開しているとは言えないお店ですが、タピオカブームの火付け役とも言える存在で、メニューはそのタピオカが絡んだもののみとなっているのも特徴です。

「チャカショウ(茶加匠)」は略字表現?

「チャカショウ(茶加匠)」は、正確には看板のように「茶咖匠」と表記しますが、「咖」の文字が常用外の為、ここで使っている「チャカショウ(茶加匠)」と紹介されていることが多くなっています。

固有名詞としては「茶咖匠」が正しい表現ながら、常用外の漢字に関しては、代替になる略字で表記しても構いません(特に失礼にもなりません)。



icon まとめ

若い女性の間では、タピオカと言えば「チャカショウ(茶加匠)」だと言われているほど、それに特化したドリンク専門のお店です。