意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「り地域」とは?意味!

近年国際情勢は変化し続けており、それに応じて国際問題も起こりつつあります。

そんな中で「り地域」と呼ばれる言葉が注目されていますが、どのような言葉なのか紹介していきます。

り地域

Meaning-Book
「り地域」とは?意味!>


目次

  • 「り地域」とは?
  • 「り地域」と「非ホワイト国」の関係


「り地域」とは?

「り地域」と呼ばれる言葉は特定の国を表す言葉とされており、現在は韓国が該当するといわれています。

「いろはにほへとちり」という言葉の流れでも表現されており、ネット上では「い」に近いほど関係性は良好・反対に「り」に近いほどに良くないとされていますが「り地域は今のところ韓国のみで特別扱い」なだけで必ずしもそうとは言い切れないです。

「り地域」と指定されている国は基本的に、「り地域」特有の手続きが必要になります。

2019年7月12日現在、韓国は「と地域1」にも登録されています。

2019年7月4日に大韓民国のみが対象地域になっている、「り地域」が新設されました。

今回、「り地域」が新設されたきっかけとしては日本から輸入した「フッ化水素」などを兵器にも使える可能性がある物資を密輸出した疑いがあるとされています。

「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」の3品目についての規制がされています。

2019年8月2日に韓国は「ホワイト国」から除外が閣議決定しました。

政令改正を8月7日に公布し、政令公布の21日後の8月28日に施行されました。





「り地域」と「非ホワイト国」の関係

「い地域」がアメリカやイタリアなど「ホワイト国」と呼ばれている国が多くなっています。

反対に「と地域」「非ホワイト国」が多くなっており、「非ホワイト国」は国の基準において「ホワイト国」ではないと分類・該当された国を表しています。

「り地域」においては今現在、特別枠と考えてもいいでしょう。

今後韓国及び、「り地域」はホワイト国から外される予定です。

ホワイト国は「キャッチオール規制」の対象外となっています。

基本的にホワイト国になること自体が難しいため、多くの国(台湾・インド・シンガポール・その他多数)の国は「非ホワイト国」とされています。

「ホワイト国」からの「非ホワイト国」への下落は少なく、再び「ホワイト国」への復帰も困難とされています。







icon まとめ

国際情勢により国同士の関係性が変化する中、「り地域」という言葉が注目を集めており、最近では「韓国」がそれに該当するといわれています。

これから世界がどうなっていくかを理解していくうえでも「り地域」という言葉は切り離せない言葉となります。