意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「劣化」とは?意味や使い方!例文や解釈

「劣化」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「劣化」という言葉の理解を深めていきましょう。

劣化

Meaning-Book
「劣化」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「劣化」とは?
  • 「劣化」の表現の使い方
  • 「劣化」を使った言葉と意味を解釈
  • 「劣化」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「劣化」の反対語
  • 「劣化」の類語や類義語・言い換え
  • 「劣化」の英語と解釈


「劣化」とは?

「劣化」とは品質や性能が悪くなることを言います。

  • 「劣化」の読み方

「劣化」の読み方

「劣化」と書いて「れっか」と読みます。

「れつか」と読まないように気をつけておきましょう。



「劣化」の表現の使い方

「劣化」とは、その物の品質や性能が悪くなることを言います。

ですが人に対しても「劣化した」などと使うこともありますが、この使い方は正しい使い方ではありませんので、人前や公式の場では言わないようにしましょう。

「劣化」という言葉の本来の使い方としては「部品が劣化する」「何でも使っていれば劣化してくるのは仕方がないことさ」という風に使います。

「劣化」を使った言葉と意味を解釈

「劣化」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「経年劣化」
  • 「使用劣化」
  • 「劣化か整形か」

「経年劣化」

「経年劣化」とはよく使われる言葉ですが、意味は年月を経ることによって物そのものの価値が失われていくことを言います。

物を大事に扱っていても「経年」による「劣化」は避けることはできないことも多いのです。

「経年劣化による、傷みなどは多少はあります」「経年劣化ですから、仕方がないですよ」などと使われます。

「使用劣化」

「使用劣化」とは、使っていくことで、性能や品質が悪くなっていくことを言います。

物というのは大事に使っていても、使えば「劣化」するのは当然とも言えます。

「使用劣化は、保証の対象にはなりませんよ」「使用劣化による買い替えだから、贅沢とは違うよ」などと使います。

「劣化か整形か」

「劣化か整形か」とはネットなどでよく見る文章かもしれませんが、これは、あまりにも見た目が変貌してしまった人(主に有名芸能人)に「劣化」なのか「整形」なのか、見た目が変わったのは何故なのかといったことで使われる言い回しです。

ようするにこの場合の「劣化」とは年を重ねることで「老けた」といった意味合いです。

失礼な言い方になりますので、日常会話で人に言うべき言葉ではないということを覚えておきましょう。



「劣化」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「劣化」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「劣化」を使った例文1
  • 「劣化」を使った例文2

「劣化」を使った例文1

「長いこと愛用していたが、劣化で壊れてしまったんだよ」

物は、大事に使っていても、いずれ品質や性能などが悪くなることは避けられない場合があります。

特に電化製品などはそうでしょう。

使っているうちに自然と消耗されて性能が落ちていくことは「劣化」と言います。

「劣化」を使った例文2

「劣化しない物なんてないのだし、どんどん使った方がいいよ」

物を大事にする人は、勿体ないと思ってあまり使わないようにするという方法をとる場合があります。

しかし物は使ってこそ生きるのです。

いずれ品質、性能といったものは悪くなっていくのは仕方がないことで、それは物を粗末にしているからではなく「劣化」なのです。

それならば惜しまずにどんどん使っておいた方が結局は使い倒したことになり、お得なのです。

「劣化」の反対語

「劣化」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

「劣化」は明確な反対語はないのですが、意味合いから反対語に当てはまる言葉を探してみました。

  • 「良化」【りょうか】
  • 「向上」【こうじょう】

「良化」【りょうか】

「良化」とは良くなること、良くすることを言います。

「品質を良化していきたい」「品質が良化されている」などと使います。

「向上」【こうじょう】

「向上」とは能力、性質、程度といったものが、より良くなっていくことを言います。

「品質の向上」「質が向上している」という風に使います。

「劣化」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「劣化」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「老朽化」【ろうきゅうか】
  • 「衰える」【おとろえる】
  • 「弱る」【よわる】
  • 「古ぼける」【ふるぼける】
  • 「へたる」

「老朽化」【ろうきゅうか】

「老朽化」とは使い古して、役に立たなくなることです。

「老朽化したマンション」「設備の老朽化」などと使います。

「衰える」【おとろえる】

「衰える」とは勢いが弱くなる、盛んではなくなることを言います。

「機能が衰える」という風に使います。

「弱る」【よわる】

「弱る」とは物事の勢いが衰えることを言います。

「長年使っていたから弱っている」「気力が弱る」「機能が弱る」などと使います。

「古ぼける」【ふるぼける】

「古ぼける」とは時が経ち、物が色あせる、形が崩れるといったことを言います。

見た目に汚くなるという意味でもあります。

「古ぼけたバッグ」「古ぼけて、動かない時計」などと使います。

「へたる」

「へたる」とは機械や物が、長期の使用、もしくは過度の使用により、調子が悪くなる、古くなることを言います。

「ああ、これはモーターがへたっているね」「使い過ぎてあっという間にへたる」という風に使います。

「劣化」の英語と解釈

劣化 meaning in english

「劣化」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“degradation”(環境などの劣化)、“worsen”(劣化する)という単語を使います。

例文は“be surprised by the visible environmental degradation”(目に見える環境の劣化に驚く)、“This rubber has worsened in quality”(ゴムの品質が劣化している)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「劣化」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「劣化」とは品質や性能が悪くなることを言います。

「劣化」の意味が理解できましたら「経年劣化」「使用劣化」といった言葉の意味も自然とわかることでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。