意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「署名運動」とは?意味や言い換え!例文と解釈

街中で「署名運動」を見た経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ここでは「署名運動」について詳しく紹介していきます。

署名運動

Meaning-Book
「署名運動」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「署名運動」とは?
  • 「署名運動」の英語と解釈
  • 「署名運動」の表現の使い方
  • 「署名運動」を使った例文と意味を解釈
  • 「署名運動」の類語や類義語・言い換え


「署名運動」とは?

「署名運動」というのは個人や団体が何かしらの社会問題や政策に反対したり、法令の改正や制定を求めるため、その意見に同意する人の名前を集める、そして問題を抱えている会社や政府、都道府県や裁判所に提出するという運動を指しています。

多数の人から署名を集めることで理解を広め、問題に対する意思決定に影響を与えようとする運動であり、例えば事件等で命を失った人の遺族やその知り合いたちが犯人の厳刑を求め、「署名運動」をすることがありますね。

  • 「署名運動」の読み方

「署名運動」の読み方

「署名運動」「しょめいうんどう」と読みます。

ニュースなどでもよく聞く表現ですから、ぜひ知っておきましょう。



「署名運動」の英語と解釈

署名運動 meaning in english

「署名運動」を英語にすると“signature collecting campaign”になります。

「まずは市長宛に請願書を提出し、署名運動をします」ということであれば、“First we will present a petition to the mayor and collect signatures.”になります。

「署名運動」の表現の使い方

殺人事件などが起こったときに「署名運動」がなされることがあります。

事件で殺された人の家族にしてみれば、犯人が数年間で釈放されるというのは納得できないですよね。

その場合、遺族が「署名運動」を実行して犯人の厳刑を求めようとすることがあります。

あるいは、例えば犯人が10代で少年法に守られている場合、遺族には納得できないことがあるかもしれません。

そのような場合も法令の改正を求め、「署名運動」がなされることもあります。

署名が多く集まれば、それを裁判所に提出して判決の決定に影響を与えることが可能になります。



「署名運動」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「署名運動」を使った例文1
  • 「署名運動」を使った例文2

「署名運動」を使った例文1

「遺族は何度も署名活動をして、その署名を裁判所に提出した」

署名活動をした場合、もしも判決に影響を与えたいと思うならばその署名を裁判所に提出しなければいけません。

これだけ多くの人が厳刑を求めている、と示すことで決定に影響を与えられる可能性があります。

そのため、もしも犯人が数年間で釈放されそうである、などということがわかった場合、家族や友人とすぐに署名活動を始める人もいます。

「署名運動」を使った例文2

「少年法に関する改定を求め、彼は署名運動を繰り返しました」

少年法は大きな話題になっていますよね。

未成年だからといって実名が公開されないのはおかしい、未成年だからといって重大な殺人事件を犯してもその罪をしっかり問われないのはおかしい、などという考え方があります。

そのため、今までも何度か署名運動が繰り返され、少年法の改正が求められてきました。

中には「未成年だから大した罪にはならない」とわかって殺人事件をした人もいるため、少年法の改正が求められていると言えるのです。

「署名運動」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「署名活動」【しょめいかつどう】
  • 「署名集め」【しょめいあつめ】

「署名活動」【しょめいかつどう】

「署名活動」も同意する人の名前を集めて提出するという運動をさせています。

多くの場合は賛同者が署名をするための用紙を作り、駅前などで協力を呼びかけます。

「署名集め」【しょめいあつめ】

「署名集め」「署名運動」と同じ意味を持ちます。

最近はインターネットで「署名集め」も可能になり、家族に郵送するという形を選択する人もいます。

icon まとめ

「署名運動」という表現はニュースでもよく使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

人々が呼びかけなければ何も変化は起こらないのです。