意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「署名活動」とは?意味や言い換え!例文と解釈

署名活動という表現を知っているでしょうか。

街頭などで見かけたことがあるという人もいるかもしれませんね。

ここでは署名活動という言葉について詳しく紹介していきます。

署名活動

Meaning-Book
「署名活動」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「署名活動」とは?
  • 「署名活動」の英語と解釈
  • 「署名活動」の具体例
  • 「署名活動」を使った例文と意味を解釈
  • 「署名活動」の類語や類義語・言い換え


「署名活動」とは?

署名活動というのは個人や団体が何かしらの社会問題や政策に反対したり、法令の改正や制定を求める際に、その意見に同意している人たちの名前を集め、会社や都道府県、政府に提出する運動を指しています。

署名をする用紙には1枚あたり5人から10人が名前をかけるようになっており、駅前などなされることがあります。

この用紙には名前、住所、年齢を書きますが、本人が書かなければならないわけでは無い、という特徴もありますね。

最近はインターネット上で署名をすることもでき、同時に個人情報保護の側面から問題視されることもあります。



「署名活動」の英語と解釈

署名活動 meaning in english

署名活動という表現を英語にすると“signature campaign”になります。

「彼らは駅前で署名活動をしました」であれば“They were doing signature campaign in front of the station.”になります。

「署名活動」の具体例

2019年4月19日、東京都の池袋で自動車の暴走師匠事故が起こりました。

ドライバーの男性はブレーキとアクセルを踏み違えたのではないかといわれていますが、その結果31歳の女性と3歳の女の子が命を奪われたのです。

遺族は事故から3ヶ月を迎えようとしている2019年7月18日、家族の動画を公開して会見をするとともに「署名活動」を開始すると発表したました。

厳罰を望むということで、街頭での署名と郵送での署名を開始。

このような事案があります。



「署名活動」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「署名活動」を使った例文1
  • 「署名活動」を使った例文2

「署名活動」を使った例文1

「池袋の暴走事故に関して犯人の厳罰を望み、署名活動をします」

この池袋の暴走事故に関しては違和感を持っている人も多いのではないでしょうか。

ドライバーが年配の人であるという事、そして旧通産省工業技術委員で働いていた人物であるということ、などから「上級国民だから逮捕されないのではないか」などという批判もあります。

今後は厳罰を望んだ署名活動がなされますから、関心を持っている人も多いのではないでしょうか。

「署名活動」を使った例文2

「犯人の極刑を求めて署名活動をする遺族が増えています」

事件や事故が起こったとき、犯人の厳罰を求めて署名活動をするという事は今回が初めてではありません。

大切な家族を誰かに殺された場合、その犯人の厳罰を求め、多くの人から賛同を得ようとする人たちは昔から存在していました。

それによって法律が変わるということもあります。

「署名活動」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「署名運動」【しょめいうんどう】
  • 「署名」【しょめい】

「署名運動」【しょめいうんどう】

「署名運動」という表現も署名活動と同じ意味合いで使われます。

特定の問題に関する主張等に基づき、多くの人から署名を集めることで理解を広め、問題に対する意思決定に影響させようという意図があります。

「署名」【しょめい】

「署名」というのは自分の名前を手書きで記す、という意味です。

本人があくまでも自分で名前を書き記した場合に署名と言われます。

icon まとめ

署名活動はあらゆる場所でなされていますね。

特に池袋の暴走事故に関して関心がある人は、遺族のウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、先ほども述べた通り、署名活動には個人情報等という問題もありますので、署名をするときには各自責任を持つ必要があります。