意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「随時報告」とは?意味や言い換え!例文と解釈

仕事をしている人は「随時報告」という言葉をよく上司から求められているのではないかと思います。

学生の人にとっては、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、社会人になると、当たり前の表現として使われています。

そこで今回は、この「随時報告」という言葉にフォーカスして考察していくことにします。

随時報告

Meaning-Book
「随時報告」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「随時報告」とは?
  • 「随時報告」の英語と解釈
  • 「随時報告」の表現の使い方
  • 「随時報告」を使った例文と意味を解釈
  • 「随時報告」の類語や類義語・言い換え


「随時報告」とは?

「随時報告」は、「随時」「報告」から成る四字熟語ですが、「随時」という言葉は「いつでも」「時々」という意味があります。

また、「報告」「告げ知らせる」という意味になり、特に「任務や調査などを行った状況や結果について述べること」という理解になります。

そのことから「随時報告」とは、「必要な時にいつでも報告する」という解釈になります。

  • 「随時報告」の読み方

「随時報告」の読み方

「随時報告」「ずいじほうこく」という読み方なりますが、ビジネスの世界では、必須のキーワードなので、しっかりと覚えておきましょう。



「随時報告」の英語と解釈

随時報告 meaning in english

「随時報告」を英語で表現するなら、“keep you informed”“keep me updated”“keep me report”などの言葉で訳すことができます。

「随時報告」の表現の使い方

「随時報告」とは、「必要に応じて報告すること」という意味になりますので、仕事をしている中で、取り組みや活動において、何かしらの変化があったり、進捗して報告する必要がある場合に使われています。

「何かあればその時々で報告する」ということが、「随時報告」となります。

「随時」には、「好きな時にいつでも」というニュアンスも含まれていますが、ビジネスシーンにおいては、「必要に合わせて」という理解が正しいでしょう。



「随時報告」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「随時報告」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「随時報告」を使った例文1

「随時報告」を使った例文1

「変化があったなら、随時報告するように」

このような業務命令を上司から指示された経験があるかと思いますが、ビジネスマンにとっては、報告・相談・連絡が必須なので、「随時報告」もその一環の作業と言えます。

-「随時報告」を使った例文2

「どうして随時報告しなかったんだ?自分勝手な判断で失敗したんだぞ」

このように上司から叱られた経験を持っている人もいることでしょう。

「報告すること」は、ビジネスマンとしての義務でもあるので、仕事でちょっとした変化があれば、「随時報告」することは大切なことです。

そうすることで、ミスを未然に防ぐことができます。

「随時報告」の類語や類義語・言い換え

「随時報告」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「都度報告」【つどほうこく】
  • 「逐次報告」【ちくじほうこく】

「都度報告」【つどほうこく】

「都度報告」「随時報告」の類義語として挙げることができます。

「都度報告」「必要に合わせて報告する」という理解になります。

時々「都度都度に報告する」というような使われ方もされることがあります。

「逐次報告」【ちくじほうこく】

「逐次報告」「随時報告」に近い意味を持っている言い回しになります。

「順を追って次々に報告すること」という意味で使われる言葉ですが、「逐次」は、「1つひとつの順を追って丁寧に」というニュアンスもあります。

icon まとめ

「随時報告」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、ビジネスの世界においては、このようなこともれっきとした業務の一環です。

「随時報告」することを怠ったために、大きなミスやトラブルに発展しないように日々の活動に意識を配っておくことも大切なことなのです。