意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嘱望」の意味とは!類語や言い換え

皆さんは「嘱望」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、多くの人から注目を集めるようなことを感じさせる言葉のように思えるのですが、どのような意味を持っているのでしょうか? 今回は、この「嘱望」について焦点を当てて行くことにします。

嘱望

Meaning-Book
「嘱望」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「嘱望」とは?
  • 「嘱望」の表現の使い方
  • 「嘱望」を使った例文と意味を解釈
  • 「嘱望」の類語や類義語・言い換え


「嘱望」とは?

「嘱望」とは、「前途・将来に望みをかけること」「将来にかけて大きく成長するであろうと期待されること」というような意味を持つ言葉です。

  • 「嘱望」の読み方

「嘱望」の読み方

「嘱望」「しょくぼう」と読みますが、難しい漢字を使っているので、読み方を間違わないように、ここできちんと押さえておくことにしましょう。



「嘱望」の表現の使い方

「嘱望」は、将来を活躍するであろうと期待される優秀な人を指すことが多く、「将来を嘱望する」「未来を嘱望される」というような言い回しで使われます。

「嘱望」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「嘱望」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「嘱望」を使った例文1
  • 「嘱望」を使った例文2

「嘱望」を使った例文1

「友人の娘は幼い頃から、音感で非常に優れていた能力を持っていたので、音楽の道で将来を嘱望されていたのです」

生まれながらにして持っていた能力が他の人よりもずば抜けて優秀だったために、将来を「嘱望」されることがあります。

この例文でも、絶対音感があるのか、音楽の道で将来に大きな期待をかけられた女性がいます。

「嘱望」を使った例文2

「ケムブリッジ大学を首席で卒業した彼は、入社した時点から将来の幹部候補として将来を嘱望されています」

この例文に登場する「彼」は、まさにエリートコースを歩んで来て、将来を「嘱望」された人材なのです。

しかし、未来を背負うことができる人になるためには、様々な経験を積んでいく必要もあります。



「嘱望」の類語や類義語・言い換え

「嘱望」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「期待」【きたい】
  • 「将来性のある」【将来性のある】

「期待」【きたい】

「期待」「嘱望」に近い意味を持つ類義語として考えられます。

「期待」「将来そのことが実現すればいいと当てにして待つこと」という意味になり、「あることが実際に叶えばいいなと心の中で見込みながら待つこと」という解釈になります。

「将来性のある」【将来性のある】

「将来性のある」という言葉も「嘱望」に近い意味を持つ言葉として使うことができる言葉です。

「人物の将来に期待が持てるさま」という意味がある表現で前の例文のように、大学をトップで卒業した人が、「将来性のある」人として採用されることも少なくありません。

icon まとめ

「嘱望」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、やはり将来を期待されることは、本人にとってうれしいことです。

その一方で、「嘱望」されるプレッシャーで負けてしまう人もいるので、気負いしないようにすべきかもしれせん。