意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「途切れ途切れ」の意味とは!類語や言い換え

日常会話で「途切れ途切れ」という言葉を見聞きすることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「途切れ途切れ」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「途切れ途切れ」とは?
  • 「途切れ途切れ」の表現の使い方
  • 「途切れ途切れ」を使った例文と意味を解釈
  • 「途切れ途切れ」の類語や類義語・言い換え


「途切れ途切れ」とは?

「途切れ途切れ」の概要について紹介します。

  • 「途切れ途切れ」の読み方
  • 「途切れ途切れ」の意味
  • 「途切れ途切れ」の語源
  • 「途切れる」と「途絶える」の違い

「途切れ途切れ」の読み方

「途切れ途切れ」「とぎれとぎれ」と読みます。

漢字が多くなってしまうので平仮名表記にすることもあります。

「途切れ途切れ」の意味

「途切れる」の意味は「続いていたものが途中でなくなってはまた続き、という状態が何度も起きること」です。

一定の流れに従って続いているものごとが、途中で一度なくなり、それがまた始まって続き、そしてまたなくなる、という状態を何度も繰り返していることを言います。

「途切れ途切れ」の語源

「途切れ途切れ」は、「途切れる」が何度も繰り返されることを文字で表した言葉です。

「途」「道」「道のり」という意味があります。

「切れる」「何らかの力により、続いていたものが分れること」「鋭く傷つくこと」という意味があります。

「途切れる」「続いていた流れが分離されること」という意味で使われている言葉で、「途切れ途切れ」と繰り返すことでその状態が何度も起きていることを表します。

「途切れる」と「途絶える」の違い

「途切れる」と似た意味の言葉に「途絶える」がありますが、この2つは意味が違います。

「途切れる」は、「切れてはまたつながり、また切れてはつながることを繰り返すこと」という意味です。

「途絶える」は、「切れた後には全くつあがらなくなる状態」という意味です。

「途切れる」「途絶える」の違いは、「何度もつながるか、切れたままか」という点です。



「途切れ途切れ」の表現の使い方

「途切れ途切れ」が使われるシーンについて紹介します。

  • 「電波など通信機器の状態が悪い時」
  • 「少しずつ話す時」

「電波など通信機器の状態が悪い時」

電話やインターネット、テレビ電話などの通信機器で、台風や一時的に利用者が増えたなどで、サーバーの調子が悪く、相手の声や電波が届いたり届かなかったりする時に「途切れ途切れ」が使われます。

  • 「電波など通信機器の状態が悪い時」
  • 「少しずつ話す時」

「少しずつ話す時」

相手に話したいことがあるのですが、よく思い出せない、或いは話すのが辛いなどの原因で、スムーズに話ができない時に「途切れ途切れに話す」と使われます。

「途切れ途切れ」を使った例文と意味を解釈

「途切れ途切れ」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「途切れ途切れ」を使った例文1
  • 「途切れ途切れ」を使った例文2

「途切れ途切れ」を使った例文1

「電話が遠くて途切れ途切れだ」

携帯電話の電波が届きにくく、相手の声が聞こえたり切れたりすることを表しています。

「途切れ途切れ」を使った例文2

「途切れ途切れの話から全体を想像する」

相手がうまく説明ができずに話の内容が断片的なのですが、何とかして全体を理解しようとしていることを表しています。



「途切れ途切れ」の類語や類義語・言い換え

「途切れ途切れ」の類語を紹介します。

  • 「断続的」【だんぞくてき】
  • 「間欠的」【かんけつてき】

「断続的」【だんぞくてき】

「何度も途切れたり続いたりする様子」という意味です。

「間欠的」【かんけつてき】

「一定の時間をおいて、何度もおきたり止まったりを繰り返すこと」という意味です。

icon まとめ

「途切れ途切れ」「続いていたものが途中でなくなってはまた続き、という状態が何度も起きること」という意味です。

通信機器や音声などの調子が悪い時に使ってみましょう。