意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「祝言を挙げる」の意味とは!類語や言い換え

「祝言を挙げる」とは、「結婚式・挙式を挙げること」を意味する言葉です。

「祝言を挙げる」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

祝言を挙げる

Meaning-Book
「祝言を挙げる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「祝言を挙げる」とは?
  • 「祝言を挙げる」の表現の使い方
  • 「祝言を挙げる」を使った例文と意味を解釈
  • 「祝言を挙げる」の類語や類義語・言い換え


「祝言を挙げる」とは?

「祝言を挙げる」という表現は、「結婚式・挙式を挙げること」を意味しています。

「祝言(しゅうげん)」という言葉は元々、「お祝いの言葉・祝辞・祝詞(のりと=神道のお祝いの言葉)」「お祝いそのもの」を意味していましたが、そこから転じて「結婚式・挙式を挙げる」という意味が生まれたのです。

  • 「祝言を挙げる」の読み方

「祝言を挙げる」の読み方

「祝言を挙げる」の読み方は、「しゅうげんをあげる」になります。



「祝言を挙げる」の表現の使い方

「祝言を挙げる」の表現の使い方は、「結婚式・挙式を挙げる時」に使うという使い方になりますが、現代ではやや畏まった(かしこまった)古風な物言いになります。

例えば、「私の昔からの友人が祝言を挙げることになったので、結婚式の日には故郷に戻ります」といった文章で使うことができます。

「祝言を挙げる」を使った例文と意味を解釈

「祝言を挙げる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「祝言を挙げる」を使った例文1
  • 「祝言を挙げる」を使った例文2

「祝言を挙げる」を使った例文1

「現代では晩婚化もあり祝言を挙げるカップルは減っているとされますが、一生に一度の晴れ舞台というのも悪いものではありません」

この「祝言を挙げる」を使った例文は、「現代では晩婚化もあり、豪華な挙式を挙げるカップルは減っているとされるが、一生に一度の晴れ舞台というのも悪いものではない」ということを意味しています。

「祝言を挙げる」を使った例文2

「祝言を挙げるには、式場の選択や予算の見積もり、披露宴の有無、招待状の作成・送付など色々と手間のかかることが多くあります」

この「祝言を挙げる」を使った例文は、「結婚式を挙げる時には、式場の選択や予算の見積もり、披露宴の有無、招待状の作成・送付など色々と手間のかかることが多くある」ということを意味しています。



「祝言を挙げる」の類語や類義語・言い換え

「祝言を挙げる」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「結婚式(挙式)を挙げる」
  • 「婚礼の儀を行う」

「結婚式(挙式)を挙げる」

「祝言を挙げる」の類義語・言い換えとして、「結婚式(挙式)を挙げる」があります。

「祝言を挙げる」という表現は、「結婚した夫婦・両家が、結婚式・挙式を挙げること」を意味しています。

その意味から、「祝言を挙げる」とほぼ同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「結婚式(挙式)を挙げる」の表現を指摘できます。

「婚礼の儀を行う」

「祝言を挙げる」の類語・言い換えには、「婚礼の儀を行う」があります。

「祝言を挙げる」という表現は、「おめでたい婚礼の儀式・祭典を晴れやかに執り行うこと」を意味しています。

その意味合いから、「祝言を挙げる」という表現は「婚礼の儀を行う」という表現に言い換えることができるのです。

icon まとめ

「祝言を挙げる」という言葉について解説しましたが、「祝言を挙げる」には「結婚式・挙式を挙げること」の意味があります。

「祝言を挙げる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「結婚式(挙式)を挙げる」「婚礼の儀を行う」などがあります。

「祝言を挙げる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。