意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怨念がこもる」の意味とは!類語や言い換え

「怨念がこもる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「怨念がこもる」という表現について紹介していきます。

怨念がこもる

Meaning-Book
「怨念がこもる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「怨念がこもる」とは?
  • 「怨念がこもる」の表現の使い方
  • 「怨念がこもる」を使った例文と意味を解釈
  • 「怨念がこもる」の類語や類義語・言い換え


「怨念がこもる」とは?

「怨念がこもる」という表現は人に対する憎しみが心の中で募る、憎悪が渦巻く、という意味になります。

「怨念」という表現を聞くとホラー映画を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

「怨念」という言葉には恨みのこもった思いや恨みに思う気持ちという意味があり、例えば「怨念を晴らす」などという言い方があるのです。

誰であれ、他の人に対して恨みの気持ちを持った経験があるのではないでしょうか。

そのような恨みが重なってしまうと、「怨念」になるのです。

  • 「怨念がこもる」の読み方

「怨念がこもる」の読み方

「怨念がこもる」という表現は「おんねんがこもる」と読みます。

ぜひ覚えておきたい言葉の1つです。



「怨念がこもる」の表現の使い方

「怨念がこもる」という表現は誰かに対する憎しみが強くなっていくという意味で使われます。

相手を恨む気持ちが溜まってしまったときに使われる表現であり、例えばご近所トラブルなどでいつも迷惑をかけられていると、だんだんその人に対して「怨念がこもる」かも知れませんね。

毎日のように遅くまで大きな音楽が聞こえてきて勉強に集中できない、寝たいと思ったのに眠れない、病気になった時も大きな音で邪魔された、などという経験が連なってしまうと、その人に対する「怨念がこもる」かもしれません。

「怨念がこもる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「怨念がこもる」を使った例文1
  • 「怨念がこもる」を使った例文2

「怨念がこもる」を使った例文1

「生きている間に怨念がこもると、死んでも死に切れないかもしれない」

ホラー映画などでは生きているうちに恨みが重なり、死んでも死に切れないということで幽霊が出てくる、ということもありますよね。

生きている間にひどくいじめられた、生きている間に嫌がらせを受けた、などということで死んでからもその人を恨んでしまうということがあるかもしれません。

このようなテーマがホラー映画で使われる事は珍しくないと考えられます。

「怨念がこもる」を使った例文2

「近所の人が迷惑で、どんどん怨念がこもってしまった」

ご近所トラブルはどこでも起きる可能性があると考えられます。

大きな音を立てて迷惑をかけるなどというだけではなく、例えばゴミを捨てるときにきちんとマナーが守られていない、近所の人が挨拶をしても全然返事をしない、などということであれば周りから嫌がられてしまう可能性があります。

あるいは、自治会内でクレーマーになってしまうと、周りから恨まれてしまうこともあるかもしれません。

近所の人とは長い付き合いになりますので、相手を尊重した付き合いをしたいですね。



「怨念がこもる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「憎悪が渦巻く」【ぞうおがうずまく】
  • 「恨みがこもる」【うらみがこもる】

「憎悪が渦巻く」【ぞうおがうずまく】

「憎悪が渦巻く」という表現は人に対する憎しみが心の中で増える、募る、という時に使われる表現です。

「憎悪」という表現には相手を憎く思う気持ちであり、さらにそれを強調した表現とも言えます。

「恨みがこもる」【うらみがこもる】

「恨みがこもる」というのは相手に恨みが溜まる、という意味になります。

「恨み」というのは他からの仕打ちを不満に思い、憤り憎む気持ちという意味になります。

icon まとめ

「怨念がこもる」という表現は映画などでも使われますのでぜひ覚えておきたいものです。

ただし、人に対して恨みの気持ちは持たないようにしたいものですね。