意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憎悪が渦巻く」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「憎悪が渦巻く」という表現を聞いた時にどのような印象を覚えるでしょうか? この言葉には、人のドロドロとした因縁めいた思いが残っているような感じがして、非常に心地悪い雰囲気が漂っています。

今回は、この「憎悪が渦巻く」という言葉に焦点を当てて、その意味や使い方を見ていくことにしたいと思います。

憎悪が渦巻く

Meaning-Book
「憎悪が渦巻く」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「憎悪が渦巻く」とは?
  • 「憎悪が渦巻く」を分解して解釈
  • 「憎悪が渦巻く」の表現の使い方
  • 「憎悪が渦巻く」を使った例文と意味を解釈
  • 「憎悪が渦巻く」の類語や類義語・言い換え


「憎悪が渦巻く」とは?

「憎悪が渦巻く」とは「憎いという思いが心の中に蓄積されていること」「恨みの念が、人の心の中で激しくうごめいること」という意味があります。

何れにしても、マイナス的な負の感情なので、いい意味で使われることがありません。

  • 「憎悪が渦巻く」の読み方

「憎悪が渦巻く」の読み方

「憎悪が渦巻く」「ぞうおがうずまく」という読み方になりますが、小説の中などで目にすることが多いフレーズなので、忘れないように正確に覚えておきたい言葉です。



「憎悪が渦巻く」を分解して解釈

「憎悪が渦巻く」「憎悪」「渦巻く」の2つの言葉に分解して、それぞれの言葉の意味を探っていくことにします。

  • 「憎悪」
  • 「渦巻く」

「憎悪」

「憎悪」とは、「憎み嫌うこと」「強い怨念や恨みの心を持つこと」という意味があります。

「渦巻く」

「渦巻く」とは、「グルグル回って渦(うず)になっているさま」という意味を持っていますが、特に人の感情が心の中で激しく動いている時に使われています。

「憎悪が渦巻く」の表現の使い方

「憎悪が渦巻く」とは、「憎しみの感情が人の心の中で動いていたり、蓄積されている」という意味があるので、人を激しく恨んでいるような場合に使われることになります。



「憎悪が渦巻く」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「憎悪が渦巻く」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「憎悪が渦巻く」を使った例文1
  • 「憎悪が渦巻く」を使った例文2

「憎悪が渦巻く」を使った例文1

「室町時代から続いてきた我が一族も、長い歴史の中で、憎悪が渦巻く血脈でもあった」

まるでホラー映画のワンシーンにでも出てきそうな例文ですが、あながち映画だけの言葉で済みそうもないことかもしれません。

歴史の古い家系では、その時代に生きた人の恨み・つらみというマイナスの感情が残っていくもので、怨念化したもので、呪われた血脈となることが少なくありません。

「憎悪が渦巻く」を使った例文2

「相続で揉めているだけに、親族間で憎悪が渦巻くばかりだ」

このようなことでも「憎悪が渦巻く」という言葉が使われることがあります。

特に相続関係で揉めている親族の間では、「憎悪が渦巻く」ようになり、人間関係がギスギスしてくるようになります。

こうなると兄弟間であっても、敵にしか見えないのかもしれません。

「憎悪が渦巻く」の類語や類義語・言い換え

「憎悪が渦巻く」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉が当てはまるかを見ていくことにします。

  • 「怨念がこもる」【おんねんがこもる】
  • 「憎悪がこもる」【ぞうおがこもる】

「怨念がこもる」【おんねんがこもる】

「怨念がこもる」という言葉が「憎悪が渦巻く」の類義語として挙げることができるでしょう。

「人に対する憎しみが心の中で募っていくこと」という意味があり、暗く重たい心の闇が存在している感じがします。

「憎悪がこもる」【ぞうおがこもる】

「憎悪がこもる」という言葉も「憎悪が渦巻く」の類義語として扱うことができるでしょう。

「憎しみの気持ちが蓄積されている」という解釈になりますが、これも相手への負の感情が如実に表わされています。

icon まとめ

「憎悪が渦巻く」という言葉の意味や活用場面を紹介してきましたが、日常ではあまり使われることが少ない言葉でしょう。

また、使うようなことがあって欲しくない言葉でもありますが、私達の生活や仕事の中でも、ちょっとした行き違いから、他人からの恨みを買ってしまうことがあります。

できれば平穏に過ごすことができるように、毎日の無事に感謝すべきだと思います。