意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鬱積」の意味とは!類語や言い換え

「鬱積」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「鬱積」という言葉を使った例文や、「鬱積」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「鬱積」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「鬱積」とは?
  • 「鬱積」を使った例文や短文など
  • 「鬱積」の類語や類義語・言い換え


「鬱積」とは?

「鬱積」という言葉を知っているでしょうか。

「鬱積が溜まる」という経験があるかもしれません。

一方で、「鬱積」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「鬱積」という言葉の意味を紹介します。

  • 「鬱積」の読み方
  • 「鬱積」の意味

「鬱積」の読み方

「鬱積」「うっせき」と読みます。

かなり難しい漢字のため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「鬱積」「うっせき」と読みましょう。

「鬱積」の意味

「鬱積」という言葉の意味を紹介します。

「鬱積」という言葉には、「不平不満や怒りなどの感情が、はけ口のないまま、心の中に積もっていること」という意味があります。

ストレスが多い職場で働いている人は、不平不満や怒りなどの感情が積み重なってしまうため、「鬱積が溜まる」かもしれません。

このように、「鬱積」という言葉には、「不平不満や怒りなどの感情が、はけ口のないまま、心の中に積もっていること」という意味があります。



「鬱積」を使った例文や短文など

「鬱積」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「鬱積」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「鬱積」を使った例文1
  • 「鬱積」を使った例文2

「鬱積」を使った例文1

「人間関係が悪い職場は『鬱積』が溜まる」

この例文のように、仕事のストレスは仕事自体よりも、人間関係によってもたらされるものです。

人間関係の悪い職場は、怒りや不満などの感情が溜まりやすいと言えるでしょう。

このようなはけ口のない、マイナスな感情が溜まる時、「鬱積」という言葉を使ってみましょう。

「鬱積」を使った例文2

「『鬱積』を晴らすため、ジョギングする」

この例文のように、心の中に溜まった負の感情は、軽い運動をすると晴らせます。

ジョギングしたり、ウォーキングしたりすれば、「鬱憤」を晴らせるでしょう。

「鬱積」の類語や類義語・言い換え

「鬱積」の類語や類似表現を紹介します。

「鬱積」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「不平不満」【ふへいふまん】
  • 「怒り」【いかり】

「不平不満」【ふへいふまん】

「不平不満」には、「不平と不満」という意味があり、文句や愚痴などに対して使います。

「職場で不平不満ばかりする」という時は、職場で文句や愚痴ばかり言っているという意味があります。

「怒り」【いかり】

「怒り」には、「怒ること」「憤り」という意味があります。

「怒りがこみ上げる」という時は、憤りが募る、怒るという意味があります。

また「怒りを買う」という時は、周囲の人を怒らせるという意味になります。



icon まとめ

「鬱積」という言葉について見てきました。

不平不満や怒りなどの感情が、はけ口のないまま心の中にたまっていると感じた時、「鬱積」という言葉を使ってみましょう。