意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「洗いざらい」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「洗いざらい」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「洗いざらい」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「洗いざらい」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「洗いざらい」とは?
  • 「洗いざらい」の語源や由来
  • 「洗いざらい」の表現の使い方
  • 「洗いざらい」を使った例文と意味を解釈
  • 「洗いざらい」の類語や類義語・言い換え


「洗いざらい」とは?

「洗いざらい」とはどんな物事も隠したり、残したりしないことを言います。

  • 「洗いざらい」の読み方

「洗いざらい」の読み方

「洗いざらい」とは「あらいざらい」と読みます。



「洗いざらい」の語源や由来

「洗いざらい」とは副詞で、どんな物事でも隠したり、残したりしないさまを言います。

何もかも全て、残らずという意味です。

「洗いざらい」「ざらい」ですが漢字では「浚い」と書くこともあります。

この意味と言うのは土砂やゴミなどをさらうことです。

「洗いざらい」の表現の使い方

「洗いざらい」とはどんな物事も隠したり、残したりしないこと、何もかも全て、残らずという意味です。

よく使われるのが隠し事などを話すように求める時に「さあ、洗いざらいしゃべって、楽になりなさい」という言い方です。

「洗いざらい、ぶちまける」「洗いざらい、話してしまう」などと使います。



「洗いざらい」を使った例文と意味を解釈

それでは「洗いざらい」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「洗いざらい」を使った例文1
  • 「洗いざらい」を使った例文2

「洗いざらい」を使った例文1

「洗いざらい、自分の秘密をうちあける」

「洗いざらい」とは隠し事をしない、何もかも全てという意味です。

自分の秘密を全てうちあけるという時に使います。

「洗いざらい」を使った例文2

「正直に洗いざらい、話しても、信用するかどうかはまた別の話だ」

「洗いざらい」とはどんなことも残らず、全て、隠し事をしないといった時に使います。

正直にすべてを話すようにと相手に促す時に使う言い回しです。

「洗いざらい」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「洗いざらい」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「根こそぎ」【ねこそぎ】
  • 「余すところなく」【あますところなく】
  • 「一つ残らず」【ひとつのこらず】
  • 「ごっそり」【ごっそり】

「根こそぎ」【ねこそぎ】

「根こそぎ」とは根も残さずにそっくり抜き取ること、全部取り除く、余すところなくという意味です。

「あげるって言ったら根こそぎ持っていったよ」「ここら辺の雑草を根こそぎ片付けてしまおう」などと使います。

「余すところなく」【あますところなく】

「余すところなく」とは残りの部分がない、全て、全部という意味になります。

「余すところなく、正直に見たことを話しなさい」「余すところなく、全て利用する」という風に使います。

「一つ残らず」【ひとつのこらず】

「一つ残らず」とは一つも残らない、つまり全てという意味です。

「一つ残らず、たいらげる」「一つ残らず、全部伝えなさい」「一つ残らず綺麗に片付けなさい」などと使います。

「ごっそり」【ごっそり】

「ごっそり」とは残らず、根こそぎ、もしくは数量が多いことを言います。

「大事なコレクションがごっそり盗まれた」「ここに在庫があったはずなのに、ごっそりなくなっている」「一人の人にごっそり買い占められるのは困るのです」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「洗いざらい」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「洗いざらい」とはどんな物事も隠したりしない、残したりしないことを言います。

「洗いざらい」の意味が理解できていれば「洗いざらい話す」「洗いざらいうちあける」といった言い回しの意味も自然と理解できることでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。