意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「威圧感」とは?意味や使い方!例文や解釈

「威圧感」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「威圧感」という言葉を使った例文や、「威圧感」の類語を紹介して行きます。

威圧感

Meaning-Book
「威圧感」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「威圧感」とは?
  • 「威圧感」の英語と解釈
  • 「威圧感」の表現の使い方
  • 「威圧感」を使った例文や短文など
  • 「威圧感」の類語や類義語・言い換え


「威圧感」とは?

「威圧感」という言葉を知っているでしょうか。

「威圧感のある人」の顔が浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「威圧感」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「威圧感」という言葉の意味を紹介します。

  • 「威圧感」の読み方
  • 「威圧感」の意味

「威圧感」の読み方

「威圧感」「いあつかん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「威圧感」「いあつかん」と読みましょう。

「威圧感」の意味

「威圧感」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「威圧感」には、「威圧されるような感覚」「圧倒されるような感覚」という意味があります。

「威圧感のある人」は近くにいるだけで、圧倒されるような感覚を得る人という意味になります。

ちなみに「威圧」には、「威力による圧迫」という意味があります。

威勢や権力などを使って相手を恐れさせる時、「威圧する」と言います。

このように「威圧感」には、「威圧されるような感覚」「圧倒されるような感覚」という意味があります。



「威圧感」の英語と解釈

威圧感 meaning in english

「威圧感」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「威圧感」は英語で、“over-power feeling”(オーバーパワーフィーリング)になります。

“over-power feeling”には「威圧感」という意味があるためです。

さらに“overpowering feeling”という英語でも「威圧感」という言葉を表現できます。

“overpowering feeling”には「威圧感」「圧倒感」という意味があります。

このように「威圧感」を英語にしたい時は、“over-power feeling”“overpowering feeling”などの英語を使ってみましょう。

「威圧感」の表現の使い方

次に「威圧感」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「威圧感」には「威圧されるような感覚」「圧倒されるような感覚」という」意味があります。

そのため誰かから威圧されたと感じた時、圧倒された時に「威圧感」という言葉を使ってみましょう。

例えば会社の社長と会った時、権力による威圧を感じるかもしれません。

このような時、「社長に会って、威圧感を感じた」などと、「威圧感」という言葉を使ってみましょう。



「威圧感」を使った例文や短文など

次に「威圧感」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「威圧感」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「威圧感」を使った例文1
  • 「威圧感」を使った例文2

「威圧感」を使った例文1

「Aさんは強面なので、何もしなくても『威圧感』を与えてしまう」

この例文のように、生まれつきの容貌で、周囲の人を圧迫してしまうタイプの人がいます。

実は、内面は優しく、話すととてもいい人だとしても、初対面では「怖い」「威圧感がある」と感じさせてしまいます。

このタイプの人は、普通の人よりも柔らかいイメージの服装を選んだり、笑顔を上手に使う必要があるかもしれません。

また柔らかいイメージの人と二人でタッグを組んで行動すると、「威圧感」が薄まっていいかもしれません。

「威圧感」を使った例文2

「『威圧感』を与えて、自分に有利な交渉をする」

この例文は、何かしらの威力を見せ付けてから交渉し、相手を怖がらせた状態で、自分に有利に交渉を進めようとする人についての文章になります。

例えば腕力を見せつけて、相手に「威圧感」を与える人がいます。

また経済力などを見せつけて「威圧感」を与える人もいます。

このような人と交渉すると、不利な展開になるかもしれません。

意図的に「威圧感」を与えようとする人からは、距離を置くようにしましょう。

「威圧感」の類語や類義語・言い換え

続いて「威圧感」の類語や類似表現を紹介します。

「威圧感」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「圧力」【あつりょく】
  • 「圧迫」【あっぱく】
  • 「緊張感」【きんちょうかん】
  • 「近寄りがたい」【ちかよりがたい】
  • 「重圧感」【じゅうあつかん】
  • 「存在感」【そんざいかん】

「圧力」【あつりょく】

「圧力」という言葉には、「威圧して服従させようとすること」という意味があります。

例えば、「大企業から圧力を掛けられる」という時は、大企業が威圧し、服従させようと働きかけてくる」という意味があります。

「圧迫」【あっぱく】

「圧迫」には「強く押しつけること」「プレッシャーを与えること」という意味があります。

「圧迫面接」という言葉がありますが、「強いプレッシャーを与えながら、面接すること」という意味があります。

「緊張感」【きんちょうかん】

「緊張感」という言葉には、「張り詰めた心持ちのこと」という意味があります。

「緊張感が高まる」という時は、張り詰めた心持ちが強くなるという意味になります。

プレゼンなどを前に張り詰めた思いが、さらに強くなる時、「プレゼン前に緊張感が高まる」という文章を作れます。

「近寄りがたい」【ちかよりがたい】

「近寄りがたい」という言葉には、「気安く近づけないような雰囲気のもの」という意味があります。

「彼女は近寄りがたい女性だ」という場合は、気安く近づいて、声を掛けられるようなタイプではない女性という意味になります。

みなさんの周囲にも、「近寄りがたい存在」がいるかもしれません。

「重圧感」【じゅうあつかん】

「重圧感」という言葉には、「物理的、精神的な負荷」という意味があります。

例えば、初めて管理職になった時、人の上に立つものとしての「重圧感」を感じるかもしれません。

このような時、管理職を任されたことに精神的な負荷を感じたということになります。

「存在感」【そんざいかん】

「存在感」という言葉には、「人や物が確かな存在である」という意味があります。

「存在感がある人」という時は、その人が確かにそこにいると感じられる存在という意味があります。

逆に、人によっては、その場にいてもいないように思えるタイプの人もいます。

パーティに参加したのに、誰も覚えていない人は、「存在感のない人」になります。

icon まとめ

「威圧感」という言葉について見てきました。

誰かに圧倒されたり、威圧されるような感覚を得た時、「威圧感」という言葉を使ってみましょう。