意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「訝る」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「訝る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「訝る」という言葉の理解を深めていきましょう。

訝る

Meaning-Book
「訝る」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「訝る」とは?
  • 「ふと訝る」の意味
  • 「訝る」の表現の使い方
  • 「訝る」を使った例文と意味を解釈
  • 「訝る」の類語や類義語・言い換え


「訝る」とは?

「訝る」とは変だと思うこと、疑わしいと思うことを言います。

  • 「訝る」の読み方

「訝る」の読み方

「訝る」と書いて「いぶかる」と読みます。



「ふと訝る」の意味

「ふと訝る」という言い回しがよく使われます。

「ふと」とは思いがけなく、突然に起こること、ふいにといった意味です。

理由とか意識といったことではなく、物事が生じるさまに使う言葉です。

ですから「ふと訝る」とは直感的におかしいと思う時、またその様子を言い表す時に使うのです。

「訝る」の表現の使い方

「訝る」とは「これは変だ」と思う気持ちのことを言います。

疑わしいという思いですから、相手から「訝られる」というのは疑われるということと同じ意味ですから、使い方としては注意も必要です。

「あなたが訝しい」などと言うのは「信用できない」と同じです。

使い方としては「最近、彼の行動が訝しい」「帰宅時間が遅くなると、妻が訝るので困る」などと使います。



「訝る」を使った例文と意味を解釈

それでは「訝る」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「訝る」を使った例文1
  • 「訝る」を使った例文2

「訝る」を使った例文1

「そうやって訝るぐらいなら、本人に問いただした方がいいよ」

「訝る」とは変だと思うこと、疑うことです。

人間関係においてはこのような気持ちになりますと、信頼関係が崩れていきますので、早期に修復するように努めた方がいいでしょう。

「訝る」を使った例文2

「彼は口だけで騙しているのではないかと、皆が訝るようになってきた」

仕事でもプライベートでも口先だけで行動が伴っていない人は、信用を失います。

一度や二度のことではまだ許容されることもありますが、長期に渡るとか、何度も繰り返すようでは「訝る」態度に周りは転じてくることでしょう。

「訝る」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「訝る」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「疑念を抱く」【ぎねんをいだく】
  • 「怪しむ」【あやしむ】
  • 「不審」【ふしん】
  • 「邪推」【じゃすい】

「疑念を抱く」【ぎねんをいだく】

「疑念を抱く」とは疑いの心、疑いを心の中に持っているという意味です。

ようするに、信用できないと思っていることで「彼の行動に疑念を抱く」「一度疑念を抱くようになると、彼女の言動のすべてが怪しく見える」などと使います。

「疑念を抱く」とは文章表現で使われることが多いのではないでしょうか。

「怪しむ」【あやしむ】

「怪しむ」とは怪しいと思うこと、不思議に思う、変に思う、疑うという意味になります。

「私の行動を怪しむのは、自分が何かやましいことがあるからではないですか」「きゅうにかかってきた電話を怪しむ」という風に使います。

「不審」【ふしん】

「不審」とははっきりしない点があり、疑わしいと思うことを言います。

訝しいと同じ意味です。

「一度不審の念を抱いた人とは上手くいかない」「あいつはいつも挙動不審だな」「不審に思う」などと使います。

「邪推」【じゃすい】

「邪推」とはひがみ、悪い方へと推測することを言います。

「邪推するのは止めて欲しい」「二人の仲を変に邪推されて、困っている」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「訝る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「訝る」とは変だと思う、不審に思うという意味です。

相手に対して「訝る」ということは疑っているということですから、実際に口に出す時は考える必要もあるでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。