意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忙しない」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「忙しない」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「忙しない」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

忙しない

Meaning-Book
「忙しない」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「忙しない」とは?
  • 「忙しない」の語源や由来
  • 「忙しない」の表現の使い方
  • 「忙しない」を使った例文と意味を解釈
  • 「忙しない」の類語や類義語・言い換え


「忙しない」とは?

「世話しない」というのは忙しいという表現を強調した言い方になります。

「忙しい」+「ない」で成り立っているため、否定している表現だと勘違いする人も多いですが、この「ない」は強調を表した表現です。

つまり、「忙しない」というのは「忙しくない」という意味ではなく、「とても忙しい」という意味になるのです。

忙しい、やることが多い、落ち着かない、途切れない、などという意味であり、かなり忙しいという意味を持ちます。

これは標準語であり、関西弁などではありません。

その一方で関西地方で用いられることが多いため、関西弁だと考えられることもあります。

  • 「忙しない」の読み方

「忙しない」の読み方

「忙しない」という表現は「せわしない」と読みます。

漢字から意味が想像しやすいかもしれませんね。



「忙しない」の語源や由来

先ほども述べた通り、世話しないという表現は「忙しい(せわしい)」+「ない」からできた表現です。

「忙しい(せわしい)」「忙しい(いそがしい)」よりも硬い表現だと思われることも多く、一般的には「忙しい(いそがしい)」と言われることの方が多いかもしれません。

「ない」は強調を表す言葉であり、「忙しない」はとても忙しいという意味になります。

「忙しない」の表現の使い方

「忙しない」という表現は関西地方で用いられることが多いため、方言だと思っている人もいるかもしれませんね。

とても忙しいという意味であり、例えば「年末は忙しないよ」などと表現する人もいるのではないでしょうか。

年度末や年末は仕事でも忙しくなりますし、仕事納めで大変、という人もいるかもしれませんね。



「忙しない」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「忙しない」を使った例文1
  • 「忙しない」を使った例文2

「忙しない」を使った例文1

「年度末は本当に忙しないから大変だ」

年度末は仕事納めでもあり、会計の人たちも職場で忙しいのではないでしょうか。

年度末は税金なども関わってきますから、見落としがないように業務をこなしていかなければいけませんね。

新年度に向けて気持ちを新たにする人も多いのではないでしょうか。

「忙しない」を使った例文2

「本当に忙しない週末でした」

誰にとっても週末は待ち遠しいものですが、そのような中でも休日出勤をしなければいけなかった、急に葬儀等の予定が入って出かけなければいけなかった、子供の運動会などがあって体力的に大変だった、などということもあるかもしれません。

最近は学校でも土曜日は休みである場所が多いですが、土日ともに予定が入ってしまうと週末のような気がしない、忙しない、と感じる人もいるかもしれないですね。

「忙しない」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「あくせく」
  • 「落ち着かない」【おちつかない】

「あくせく」

「あくせく」というのは落ち着かない、細かいことを気にしている、目先のことに囚われて気持ちがせかせかする、という意味になります。

「齷齪」と表記しますが、ひらがなで描かれることの方が多いかもしれません。

「落ち着かない」【おちつかない】

「落ち着かない」というのは不安や緊張を感じている状態であり、誰にでも起こり得る症状だと考えられます。

不安な時など気持ちが落ち着かない、心が落ち着かない、ということもあるかもしれませんね。

icon まとめ

どのような仕事をしていたとしても、あるいは専業主婦や子供であったとしても、忙しないと感じることがあるかもしれません。

そのような忙しい時こそ、少し手が空いたときにはしっかりと休むように心がけましょう。