意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先導」とは?意味や使い方!例文や解釈

「先導」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「先導」という言葉を使った例文や、「先導」の類語を紹介して行きます。

先導

Meaning-Book
「先導」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「先導」とは?
  • 「先導」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「先導」を使った例文や短文など
  • 「先導」の英語


「先導」とは?

「先導」という言葉を知っているでしょうか。

「二次会の会場まで、友達を先導した」という経験がある人もいるでしょう。

一方で、「先導」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「先導」という言葉の意味を紹介します。

  • 「先導」の読み方
  • 「先導」の意味

「先導」の読み方

「先導」「せんどう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「先導」「せんどう」と読みましょう。

「先導」の意味

「先導」という言葉の意味を紹介します。

「先導」には、「先に立って案内すること」という意味があります。

「二次会の会場まで、友達を先導した」という文章には、飲み会の二次会の会場まで、生き方を知っている人が、先に立って案内したという意味があります。

このように「先導」には、「先に立って案内すること」という意味があります。



「先導」の類語や類似表現や似た言葉

次に「先導」の類語や類似表現を紹介します。

「先導」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「手引き」【てびき】
  • 「案内」【あんない】
  • 「道案内」【みちあんない】
  • 「水先案内」【みずさきあんない】
  • 「誘導」【ゆうどう】
  • 「露払い」【つゆはらい】
  • 「袖を引く」【そでをひく】
  • 「誘う」【さそう】

「手引き」【てびき】

「手引き」には、「導くこと」という意味があります。

「内部の人が手引きして、犯罪を犯す」という時は、会社の社員が犯人を社内に導いて犯罪を犯すという意味があります。

また「学習の手引き」という言葉には、効率的に学習するため正しく導く本という意味があります。

「案内」【あんない】

「案内」という言葉は、比較的よく使う言葉ではないでしょうか。

「案内」には、「人を導いて、連れて行くこと」という意味があります。

「田舎の友達を、都内で案内する」という時は、田舎から東京に遊びに来た友達を連れて、都内の各所に行くという意味があります。

「案内不足」という時は、人を導き連れて行くことが十分に出来ていないという意味になります。

「道案内」【みちあんない】

「道案内」という言葉には、「目的地への筋道を案内すること」という意味があります。

「東京タワーへ道案内する」という時は、東京タワーまでの筋道を案内して、その人が東京タワーに行けるようにするという意味があります。

「地元の道案内を買って出る」「現地のコーディネーターに道案内を頼む」などという使い方をします。

「水先案内」【みずさきあんない】

「水先案内」には、「船の通路に関する案内をすること」という意味があります。

船に乗ってどこかに行く時、目的地への筋道を案内してくれる人のことも「水先案内」などと呼びます。

「誘導」【ゆうどう】

「誘導」という言葉を使ったことがあるかもしれません。

「誘導」には、「人をある場所に導くこと」という意味があります。

「ライブ会場で、客を誘導する」という時は、ライブ会場でチケットを持った客を、座席まで導くことという意味があります。

「露払い」【つゆはらい】

「露払い」には、「先に立って道を開き、人を導くこと」という意味があります。

「先輩の露払いを務める」という時は、先輩の前に立って歩いて、目的地に導く役割を果たすという意味があります。

「袖を引く」【そでをひく】

「袖を引く」という言葉には、「そっと人を誘う」という意味があります。

また「そっと人を注意する」という意味もあります。

例えばお酒を飲んで楽しくなっている人がいる時、失礼な言動を取りがちになります。

そのため、隣にいる、酔っていない人が、酔っている人の「袖を引く」時、失礼な言動をしていることを、そっと注意するという意味合いがあります。

「誘う」【さそう】

「誘う」という言葉は、誰でも数回以上使ったことがあるでしょう。

「誘う」には、「一緒に行くよう勧めること」という意味があります。

「友達を映画に誘う」という時は、「友達に一緒に映画に行くよう勧めること」という意味になります。

他にも「デートに誘う」「遊びに誘う」などという使い方をします。

「先導」を使った例文や短文など

続いて「先導」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「先導」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「先導」を使った例文1
  • 「先導」を使った例文2

「先導」を使った例文1

「『先導』がしっかりしていたため、迷子にならずに済む」

この例文のように、迷子になりやすい道を進む時は、先に立って案内してくれる人の役割が重くなります。

もし「先導」が道を迷ってしまったら、後から続いている人が、すべて迷ってしまうためです。

例えば登山をする時の「先導」は、登山に参加している人の命を預かるような重要な役目になるでしょう。

「先導」を使った例文2

「今回のツアーは『先導』してくれた人のおかげで、楽しかった」

海外旅行でツアーに申し込む時、「先導」してくれる人によって旅行の楽しさが変わるかもしれません。

その人が案内してくれる観光スポットや、紹介してくれる飲食店が素敵なら素敵なほど、旅行が魅力的になるためです。

このように、先に立って案内する役割りを「先導」と言い、ツアーの場合はツアーコンダクターなどと呼ばれるでしょう。

「先導」をする人の人柄や、会話の面白さなども、ツアーの魅力に深く関係しそうです。



「先導」の英語

先導 meaning in english

「先導」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「先導」は英語で、“guidance”(ガイダンス)になります。

“guidance”には、「先導」「手引き」という意味があります。

「ガイダンス」というカタカナ語でも、知られている言葉です。

また“leadership”(リーダーシップ)という言葉にも、「先導」という意味があります。

“leadership”「リーダーシップ」というカタカナ語としても、広く知られている言葉になります。

このように「先導」を英語にする時は、“guidance”“leadership”などの言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「先導」という言葉について見てきました。

誰かの先に立って案内した時、または案内された時に、「先導」という言葉を使ってみましょう。