意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「色事」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「色事」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「色事」という言葉を使った例文や、「色事」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「色事」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「色事」とは?
  • 「色事」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「色事」を使った例文や短文など


「色事」とは?

「色事」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの中には「色事とは最近無縁」という人もあるでしょう。

一方で、「色事」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「色事」という言葉の意味を紹介します。

  • 「色事」の読み方
  • 「色事」の意味

「色事」の読み方

「色事」「いろごと」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「色事」「いろごと」と読みましょう。

「色事」の意味

「色事」という言葉の意味を紹介します。

「色事」には、「男女間の恋愛や情事」という意味があります。

「最近、すっかり色事に無縁」という時は、最近恋愛をしていない、カップルになっていないため、恋愛や情事に無縁という意味があります。



「色事」の類語や類似表現や似た言葉

次に「色事」の類語や類似表現を紹介します。

「色事」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「情事」【じょうじ】
  • 「恋路」【こいじ】
  • 「ロマンス」

「情事」【じょうじ】

「情事」には「男女の恋愛に関する事柄」という意味があります。

また「夫婦でない相手との肉体関係」という意味もあります。

そのため、不倫関係の男女が肉体関係を結ぶ様子を、「情事」と呼ぶことがあります。

「恋路」【こいじ】

「恋路」には、「恋心を通わすこと」という意味があります。

恋愛を一本の道に例えて、「恋路」と言います。

「恋路は先を読めない、迷い道」などと言いますが、恋愛の先行きは誰にも読めず、迷い道のように複雑だという意味があります。

「ロマンス」

「ロマンス」という言葉には、「恋物語」「恋愛小説」という意味があります。

「この小説は、ロマンスだね」という時は、この小説の分類は恋愛小説だという意味があります。

「色事」を使った例文や短文など

続いて「色事」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「色事」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「色事」を使った例文1
  • 「色事」を使った例文2

「色事」を使った例文1

「『色事』に夢中で、勉強が手につかない」

この例文のような人がいるかもしれません。

例えば受験勉強を控えた時期に、異性を好きになってしまった場合、この例文のようになってしまうでしょう。

勉強は集中してしないと意味がないため、恋愛に頭を取られては良い結果が出ないでしょう。

そこで受験が終わるまで恋愛をしないと決めて、一定期間勉強に集中してみてはいかがでしょうか。

大学生になり、次は本気で「色事」に向き合ってみましょう。

「色事」を使った例文2

「ずっと彼氏がいないため、『色事』に自信がない」

このようなタイプの女性がいるかもしれません。

恋愛経験がないと、恋愛に苦手意識が出てしまうものです。

だからといって、恋愛に手を出さずにいると、ますます苦手意識が出てしまいます。

そのままでは一生、「色事」に関係しない人生になってしまうかもしれません。

自分から出会いの機会を探したり、異性の集まる場所に出向くなどして、「色事」の経験を少しずつ重ねて見るのも悪くないかもしれません。

もちろん人によって、「色事」に興味が出る時期や、「色事」に取り組んだほうがいいタイミングは違うため、無理に恋愛をする必要はないでしょう。



icon まとめ

「色事」という言葉について見てきました。

男女間の恋愛や情事などについて話をする時に、「色事」という言葉を使ってみましょう。