意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「巡り合わせ」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「巡り合わせ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「巡り合わせ」という言葉を使った例文や、「巡り合わせ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「巡り合わせ」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「巡り合わせ」とは?
  • 「巡り合わせ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「巡り合わせ」を使った例文や短文など


「巡り合わせ」とは?

「巡り合わせ」という言葉を知っているでしょうか。

「奇妙な巡り合わせ」を感じたことがある人もいるでしょう。

一方で、「巡り合わせ」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「巡り合わせ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「巡り合わせ」の読み方
  • 「巡り合わせ」の意味

「巡り合わせ」の読み方

「巡り合わせ」「めぐりあわせ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「巡り合わせ」「めぐりあわせ」と読みましょう。

「巡り合わせ」の意味

「巡り合わせ」という言葉の意味を紹介します。

「巡り合わせ」には「自然にそうなること」という意味や「偶然そうなること」という意味があります。

また「運命」という意味もあります。

「奇妙な巡り合わせ」には「奇妙な運命」という意味があり、摩訶不思議で変に感じるような運命という意味があります。

こまた「巡り合わせが悪い」という時は、偶然ではあるものの、良くない結果になったという意味があります。

このように「巡り合わせ」には、「自然にそうなること」「偶然そうなること」「運命」という意味があります。



「巡り合わせ」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「巡り合わせ」の類語や類似表現を紹介します。

「巡り合わせ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「因縁」【いんねん】
  • 「宿命」【しゅくめい】
  • 「星の巡り」【ほしのめぐり】

「因縁」【いんねん】

「因縁」には、「前世から定まった運命」「以前からの関係」などの意味があります。

「これも何かの因縁だろう」という時は、これは前世から定まっていた運命かもしれないという意味があります。

「宿命」【しゅくめい】

「宿命」には、「前世から決まっている運命」という意味があります。

「こうなるのは宿命だ」という時は、このような展開になるのは、前世から決まっている運命だという意味があります。

「宿命に逆らう」という時には、前世から決まっている運命に逆らって何かをするという意味があります。

「星の巡り」【ほしのめぐり】

「星の巡り」には、「論理的に推論できない、幸不幸」という意味があります。

「これは星の巡りとしか言えないな」という時は、論理的に説明できる結果ではないという意味があります。

「彼と出会ったのは、星の巡りだ」という時は、彼と出会った理由は論理的に推論できないという意味があります。

「巡り合わせ」を使った例文や短文など

続いて「巡り合わせ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「巡り合わせ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「巡り合わせ」を使った例文1
  • 「巡り合わせ」を使った例文2

「巡り合わせ」を使った例文1

「何かの『巡り合わせ』で、私は社長になった」

この例文は、社長に就任した人が、社長になった理由を論理的に説明できず、運命としか言えない、偶然そうなったとしか言えないと感想を持っている場面になります。

「巡り合わせ」を使った例文2

「『巡り合わせ』により、彼女と出会えた」

この例文には運命の力によって、彼女と出会えたという意味があります。

恋人と出会えたことを喜ぶ時、それは運命だと感じるため、「巡り合わせ」という言葉を使って劇的にしたくなるかもしれません。



icon まとめ

「巡り合わせ」という言葉について見てきました。

物事が起こった時に、偶然にそうなったと感じた時、また運命を感じた時などに、「巡り合わせ」という言葉を使ってみましょう。