意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安眠」とは?意味や使い方!例文や解釈

「安眠」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「安眠」という言葉の理解を深めていきましょう。

安眠

Meaning-Book
「安眠」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「安眠」とは?
  • 「安眠」の表現の使い方
  • 「安眠」を使った言葉と意味を解釈
  • 「安眠」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「安眠」の反対語
  • 「安眠」の類語や類義語・言い換え
  • 「安眠」の英語と解釈


「安眠」とは?

「安眠」とは安らかにぐっすりと眠ることを言います。

  • 「安眠」の読み方

「安眠」の読み方

「安眠」と書いて「あんみん」と読みます。



「安眠」の表現の使い方

「安眠」とは何の心配もなく、ぐっすりと眠ることを言います。

使い方としては「安眠する」「安眠できない」といったように自分の状態を表したりすることが多いでしょう。

他には「安眠グッズ」「安眠妨害」「安眠対策」などといった言葉もあります。

「安眠」を使った言葉と意味を解釈

「安眠」を使った言葉、言い回しをいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「安眠妨害」
  • 「安眠グッズ」
  • 「安眠対策」

「安眠妨害」

「安眠妨害」とは「安眠」を使った言葉でよく使われる言い方ではないでしょうか。

ぐっすり眠ることを妨げること、つまり大きな音を立てる、騒ぐといったことに対して使います。

「隣の家が夜中に音楽をかけるのは安眠妨害だ」「安眠妨害で訴えたい」などと言います。

「安眠グッズ」

「安眠グッズ」とは「安眠」できるようにと、工夫された物のことを言います。

例えば抱き枕、アイマスク、耳栓のようなものも「安眠グッズ」ということになります。

「父の日に安眠グッズを贈ろうかと思っているんだ」「私、安眠グッズは色々凝っているのよ」「熟睡できないって言うから、安眠グッズでもプレゼントしてあげよう」などと使います。

「安眠対策」

「安眠対策」とは、ぐっすり眠れる為に行うこと、対処方法などを言います。

例えば、眠る1時間前にスマホなどは見ないようにする、部屋の照明を落としておく、温めた牛乳を飲むなどは「安眠対策」の一つでもあります。



「安眠」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「安眠」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「安眠」を使った例文1
  • 「安眠」を使った例文2

「安眠」を使った例文1

「あなたが心配ばかりかけるから、おかげで安眠できないじゃない」

「安眠」とは安らかにぐっすりと眠ることを言います。

心配ごと、悩みがありますと「安眠」できなくなることが多いのです。

考えていて眠れなくなるということもあります。

ですから日頃から悩みや心配ごとがない生活を心がけておくことが大事です。

「安眠」を使った例文2

「上の階の人が遅い時間に洗濯機を使うのは、まるで安眠妨害されているようだ」

様々な生活習慣の人がいますが、一般的には夜遅い時間に洗濯機や掃除機などは使わないというのが集合住宅におけるマナーではないでしょうか。

寝入りそうな時に「ガガガー」と機械音が響きますと「安眠」できなくなってしまいます。

「安眠」の反対語

「安眠」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「不眠」【ふみん】
  • 「浅い眠り」【あさいねむり】

「不眠」【ふみん】

「不眠」とは眠れないこと、また眠らないことを言います。

十分に眠れない状態が続きますと、それは「不眠症」となります。

「このままじゃ不眠症になってしまうわ」「僕はストレスからすぐに不眠になるんだ」などと使います。

「浅い眠り」【あさいねむり】

「安眠」とは安らかにぐっすりと眠ることですから、眠りの状態で言えば「深い」となります。

目を閉じたかと思えばすぐに眠り、気づけば朝だったというのは、しっかり眠ったということです。

その反対の言葉としては「浅い眠り」です。

眠っているようでどこか意識がある、夢を何度も見る、数時間おきに目が覚めてしまうというのは眠りが「浅い」ということで、睡眠の質は悪いと言えるでしょう。

「安眠」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「安眠」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「快眠」【かいみん】
  • 「熟睡」【じゅくすい】
  • 「深い眠り」【ふかいねむり】
  • 「ぐっすり眠る」【ぐっすりねむる】
  • 「泥のように眠る」【どろのようにねむる】
  • 「昏々と眠る」【こんこんとねむる】

「快眠」【かいみん】

「快眠」とは気持ち良くぐっすりと眠ることを言います。

「私、夢も見ないで朝まで快眠したわ」「快眠できた日は体も軽い」「子どものように快眠したいものだ」などと使います。

「熟睡」【じゅくすい】

「熟睡」とはぐっすりと眠ることを言います。

「しっかり熟睡したので今日は気分がいい」「あら、熟睡しているわ」「授業中に熟睡とはいい度胸をしている」「熟睡できないのが悩み」などと使います。

「深い眠り」【ふかいねむり】

「深い眠り」とは熟睡という意味です。

目が覚めない、夢も見ないような眠りのことを言います。

「お姫様は深い眠りにつかれてしまわれた」などと使います。

「ぐっすり眠る」【ぐっすりねむる】

「安眠」をごく簡単な言葉で言い換えるならば「ぐっすり眠る」という言葉が当てはまります。

「ぐっすり」とは副詞であり、よく眠っているさまを表す言葉です。

「ぐっすり眠る赤ちゃん」「今日は疲れたからぐっすり眠るだろうな」などと使います。

「泥のように眠る」【どろのようにねむる】

「泥のように眠る」とは酔っていたり、疲れたりして、正体もなく眠ってしまうということを言い表す言葉です。

「部活の後、泥のように眠る、そんな日々でした」「とりあえず、シャワーだけ浴びて、泥のように眠った」などと使います。

「昏々と眠る」【こんこんとねむる】

「昏々と眠る」「昏々」とは意識のないこと、よく眠っていることを表す言葉です。

「疲れているので、昏々と眠り続けた」「昏々と眠ることで、体力も回復することだろう」などと使います。

「安眠」の英語と解釈

安眠 meaning in english

「安眠」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a sound sleep”“a good sleep”と言います。

例文は“disturb one's sleep”(安眠を妨害する)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「安眠」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「安眠」とは安らかにぐっすりと眠ることを言います。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしていきましょう。