意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「潜考」の意味とは!類語や言い換え

「潜考」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「潜考」という言葉を使った例文や、「潜考」の類語を紹介して行きます。

潜考

Meaning-Book
「潜考」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「潜考」とは?
  • 「潜考」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「潜考」を使った例文や短文など


「潜考」とは?

「潜考」という言葉を知っているでしょうか。

「今後について、潜考する」など、言ったことがあるかもしれません。

一方で、「潜考」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「潜考」という言葉の意味を紹介します。

  • 「潜考」の読み方
  • 「潜考」の意味

「潜考」の読み方

「潜考」「せんこう」と読みます。

これを機会に「潜考」「せんこう」と読みましょう。

「潜考」の意味

「潜考」という言葉には、「心を落ち着けて、深く考えること」という意味があります。

「今後について潜考する」という時は、今後の立ち居振る舞いについて、心を落ち着けて、深く考えるという意味があります。

このように「潜考」という言葉には、「心を落ち着けて、深く考えること」という意味があります。



「潜考」の類語や類似表現や似た言葉

次に「潜考」の類語や類似表現を紹介します。

「潜考」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「沈思」【ちんし】
  • 「黙考」【もっこう】

「沈思」【ちんし】

「沈思」という言葉には、「深く考え込むこと」という意味があります。

また「いろいろと思案すること」という意味もあります。

「結婚について、沈思する」という時は、結婚について深く考え込むことという意味があります。

「黙考」【もっこう】

「黙考」には、「黙ってじっくり深く、物事を考え込むこと」という意味があります。

「目を閉じて、黙考する」という時は、目を閉じて、じっくりと物事を考えるという意味があります。

また「沈思」と合わせて「沈思黙考」という四文字熟語として使われることもあります。

「潜考」を使った例文や短文など

続いて「潜考」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「潜考」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「潜考」を使った例文1
  • 「潜考」を使った例文2

「潜考」を使った例文1

「大学に合格した段階で、今後の人生を『潜考』する」

この例文のように、大学生になった時、受験勉強からも解放されて、自由に考え事ができる時間を確保できるでしょう。

このタイミングで、心を落ち着けて、人生について深く考えてみてはいかがでしょうか。

「潜考」を使った例文2

「静かな喫茶店で、仕事について『潜考』する」

この例文のように、仕事の内容について、または進め方を考える時、静かな喫茶店に移動するという人もいるでしょう。

仕事関係者がおらず、他の人の動きが気にならないような隠れ家的な喫茶店は、「潜考」する場所として理想的でしょう。

ぜひ、会社や家の近くに、このような「潜考」にぴったりの喫茶店や公園などをみつけておきましょう。



icon まとめ

「潜考」という言葉について見てきました。

心を落ち着けて、深く考える時、「潜考」という言葉を使ってみましょう。