意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「赤字家計」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「赤字家計」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「赤字家計」という言葉を使った例文や、「赤字家計」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「赤字家計」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「赤字家計」とは?
  • 「赤字家計」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「赤字家計」を使った例文や短文など


「赤字家計」とは?

「赤字家計」という言葉を知っているでしょうか。

「赤字家計を脱出したい」と思っている人もいるかもしれません。

一方で、「赤字家計」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「赤字家計」という言葉の意味を紹介します。

  • 「赤字家計」の読み方
  • 「赤字家計」の意味

「赤字家計」の読み方

「赤字家計」「あかじかけい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「赤字家計」「あかじかけい」と読みましょう。

「赤字家計」の意味

「赤字家計」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「赤字家計」には、「家計が赤字なこと」という意味があります。

家族の収入よりも支出の方が多い時、「赤字家計」になります。

例えば、月収が25万円なのに、月に30万円使ってしまうと、5万円の赤字となり、その家の家計は「赤字家計」になります。

このように、「赤字家計」「家計が赤字なこと」という意味があります。



「赤字家計」の類語や類似表現や似た言葉

次に「赤字家計」の類語や類似表現を紹介します。

「赤字家計」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「貧乏」【びんぼう】
  • 「金欠」【きんけつ】
  • 「火の車」【ひのくるま】

「貧乏」【びんぼう】

「貧乏」には、「財産や収入が少なく、生活が苦しい状態」という意味があります。

「貧乏暮らしをしている」という時は、収入が少なくいつも生活が苦しい毎日を送っているということになります。

「金欠」【きんけつ】

「金欠」には、「お金が足りない状態」という意味があります。

「給料日前のため金欠だ」という時は、給料日までにお金を使い果たしてしまい、お金が足りないという意味があります。

給料日まで水を飲んで生活する、友達にお金を借りてしのぐなどの方法で、「金欠」を乗り切ることになるかもしれません。

「火の車」【ひのくるま】

「火の車」には「経済的に困難は状況のこと」という意味があります。

「家計が火の車だ」という時は、家計が苦しいという意味になります。

収入が少ない割に、使う分が多くなると、「火の車」になります。

「赤字家計」を使った例文や短文など

続いて「赤字家計」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「赤字家計」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「赤字家計」を使った例文1
  • 「赤字家計」を使った例文2

「赤字家計」を使った例文1

「『赤字家計』を脱出するため、光熱費を見直す」

この例文は、家計が赤字なことに悩んだ人が、その解決策として、光熱費の見直しをしたという意味があります。

光熱費を見直し、こまめに電気を切ったり、使わない家電のコンセントを抜くようにすると、かなり節約になるかもしれません。

さらに水道代、家賃、雑費などを節約するように見直すと、「赤字家計」を脱出できるかもしれません。

「赤字家計」を使った例文2

「妻が働き始めて、『赤字家計』ではなくなった」

この例文は、家計が赤字のため、妻が働き始めたという文章になります。

妻が働き始めれば、夫の収入プラス妻の収入になるため、「赤字家計」を解消しやすいでしょう。

小さな子供がいる家庭は難しいかもしれませんが、子供がある程度大きくなれば妻も働きに出られるでしょう。

支出が大きな家は、共働きをするのがいちばんの「赤字家計」解消法になるかもしれません。



icon まとめ

「赤字家計」という言葉について見てきました。

家計が赤字だという人、家計の赤字を解消したいと思っている人などは、「赤字家計」という言葉を使って、支出を見直してみましょう。