意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「金欠」の意味とは!類語や言い換え

「金欠」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「金欠」という言葉を使った例文や、「金欠」の類語を紹介して行きます。

金欠

Meaning-Book
「金欠」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「金欠」とは?
  • 「金欠」を使った例文や短文など
  • 「金欠」の類語や類義語・言い換え


「金欠」とは?

「金欠」という言葉を知っているでしょうか。

「給料日前のため、金欠だ」という人もいるでしょう。

一方で、「金欠」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「金欠」という言葉の意味を紹介します。

  • 「金欠」の読み方
  • 「金欠」の意味

「金欠」の読み方

「金欠」「きんけつ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「金欠」「きんけつ」と読みましょう。

「金欠」の意味

「金欠」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「金欠」には、「お金がないこと」「金銭が足りてないこと」という意味があります。

「給料日前のため金欠だ」という人は、給料日を前にしてお金を使い果たしてしまい、お金を持っていないという意味になります。

このように、「金欠」には、「お金がないこと」「金銭が足りてないこと」という意味があります。



「金欠」を使った例文や短文など

次に「金欠」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「金欠」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「金欠」を使った例文1
  • 「金欠」を使った例文2

「金欠」を使った例文1

「自動車を買ってから、いつも『金欠』になっている」

自動車のような大きな買い物をすると、お金がなくなってしまうかもしれません。

ガソリン代や、保険代、税金などの様々な費用が掛かるため、自動車を維持するのは大変です。

「金欠」になる人もいるでしょう。

「金欠」を使った例文2

「『金欠』気味のため、副業を始めた」

本業をしているだけでは、お金が足りなくなる人もいるかもしれません。

家族を持ったり、子供ができたりすると、余計にお金が必要になるためです。

このような時は、「金欠」を解決するため、副業を始める人もいるでしょう。

また節約をして、支出を減らしながら、「金欠」を解消するタイプの人もいるかもしれません。

「金欠」の類語や類義語・言い換え

「金欠」の類語や類似表現を紹介します。

「金欠」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「貧乏」【びんぼう】
  • 「貧困」【ひんこん】

「貧乏」【びんぼう】

「貧乏」には、「財産や収入がなく貧しい事」という意味があります。

「貧乏生活」という場合は、収入などが少なく、毎日大変な生活を送っているという意味があります。

「貧困」【ひんこん】

「貧困」には、「貧乏で困る様子」という意味があります。

お金がなくて生活が苦しい様子を「貧困」と呼ぶこともありますが、発送などが貧しくなった時、「貧困な発想」などと言います。



icon まとめ

「金欠」という言葉について見てきました。

給料日前などに、お金が無くなったと感じた時、いつもお金がないと困っている人を見た時などに、「金欠」という言葉を使ってみましょう。