意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「再認識」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「再認識」という言葉を聞く機会が色々な場面であって、聞いたり目にすることがあるかと思います。

この言葉は、身近なシーンからビジネスの環境下でも、よく使われている言葉の1つです そこで今回は、この「再認識」にフォーカスを当てて考察していくことにしましょう。

再認識

Meaning-Book
「再認識」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「再認識」とは?
  • 「再認識」の英語と解釈
  • 「再認識」の具体例や表現の使い方
  • 「再認識」を使った例文と意味を解釈
  • 「再認識」の類語や類義語・言い換え


「再認識」とは?

「再認識」とは、「再び認めること」、あるいは「改めて認識すること」という意味になります。

  • 「再認識」の読み方

「再認識」の読み方

「再認識」「さいにんしき」と読みますが、普段からよく使われている言葉なので、間違いなく読めるように、キチンとチェックしておきましょう。



「再認識」の英語と解釈

再認識 meaning in english

「再認識」を英語で表現すると、“rerecognition”という言葉で訳すことができます。

「再認識」の具体例や表現の使い方

「再認識」とは「改めて、その価値を認めたり、評価すること」という意味があるので、今まで当たり前だと思っていたことに対して、再び、その価値を見出すことができた時に使われることになります。



「再認識」を使った例文と意味を解釈

ここで「再認識」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「再認識」を使った例文1
  • 「再認識」を使った例文2

「再認識」を使った例文1

「今年のゴールデンウィークに上映されたあの頃映画をみると、ロバーツがハリウッドのトップスターであることを再認識させられた」

昔はハリウッドのトップスターだった俳優が、この数年落ち目という評価だったのですが、新たに公開された映画では、見事にカムバックを果たし、その演技力が「再認識」されたのです。

「再認識」を使った例文2

「地震がおきて、自然災害の恐ろしさを再認識したのです」

地震などの災害は多くの人達の心と身体疲弊させてしまいます。

ましてや、交通や生活インフラまで破壊して経済そのものも疲弊させてしまいます。

しかし、数年経つとその記憶も次第に風化されてしまい、その時の苦しさを忘れてがちになります。

そして、また災害に遇うことで、その時な恐ろしさを「再認識」するのです。

このようなことにならないよう、やはり災害の記憶は、いつまでも記憶に留めておくことが必要なのかもしれません。

「再認識」の類語や類義語・言い換え

「再認識」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「再発見」【さいはっけん】
  • 「再評価」【さいひょうか】

「再発見」【さいはっけん】

「再発見」という言葉が「再認識」の類義語として挙げることができるでしょう。

「再発見」とは「再びその価値を見出だすこと」「違った新たな価値に気付くこと」という意味で使われています。

例えば、長く使っていたのですが、家電製品で滅多に使っていなかった機能を初めて使ったことで、その価値を知った時に「再発見」という言葉が使えます。

「再評価」【さいひょうか】

「再評価」「再認識」に近い意味を持つ類義語として扱うことができます。

「再び、その価値を評価すること」という意味になりますが、この言葉も様々な場面で使われています。

特に昔からある設備が老朽化したことで、その価値がなくなったように思われていたのが、何かしらのきっかけで再び評価されることがあります。

「再評価」されることで、その価値が再び高まることになるので、急に多くの人達の注目を浴びるようなことがあります。

icon まとめ

「再認識」という言葉の意味や使い方を具体的なシーンで紹介してきましたが、この言葉は、それまで存在していた事柄や物、人物の価値を改めて見つけることです。

そのようなことから、私達の身近な周りにも「再認識」しなければならない物や人などが存在しているはずです。