意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「再発見」とは?意味や類語!例文と解釈

「再発見」という表現は、「古典文学の魅力を再発見する」「再発見した純喫茶の味わい」などの文章で使われますが、「再発見」には具体的にどのような意味があるのでしょうか?

「再発見」という言葉の「意味・読み方・使い方・再発見と再認識の違い・例文と解釈・類義語」について解説します。

再発見

Meaning-Book
「再発見」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「再発見」とは?
  • 「再発見」の表現の使い方
  • 「再発見」と「再認識」の違い
  • 「再発見」を使った例文と意味を解釈
  • 「再発見」の類語や類義語


「再発見」とは?

「再発見」という表現は、「今まで見逃していたことに気づいて、改めてその価値(意味)を認識しなおすこと」「今までとは異なる視点(立場)から見て、そのものの新たな価値を見つけ出すこと」を意味しています。

「再発見」というのは、「今まで気付かなかったそのものの良さ・価値・意味を、新たな立場(視点)から認めなおすこと」を意味している表現なのです。

  • 「再発見」の読み方

「再発見」の読み方

「再発見」の読み方は、「さいはっけん」になります。



「再発見」の表現の使い方

「再発見」 の表現の使い方は、「それまで気付かなかったそのものの良さ・価値・意味を、新たな視点から認識しなおした場合」に使うという使い方になります。

例えば、「源氏物語の持つ現代的な意味の再発見に、彼女の研究論文は大きく貢献しました」といった文章で使用することができます。

「再発見」と「再認識」の違い

「再発見(さいはっけん)」という表現は、「今まで見過ごしていたそのものの良さに気づいて、改めてその価値を認識しなおすこと」を意味しています。

それに対して、「再認識(さいにんしき)」という表現は、「しばらく忘れていたことや一度は価値のないものとして切り捨てたものを、再び認識すること」を意味しているという違いがあるのです。

「再認識」という表現は「ただその物事の存在を思い出して、もう一度認識しなおすことだけ」を意味していますが、「再発見」の表現は「その物事について気づいていなかった良さ・価値を、改めて認識しなおすこと」を意味しているという違いがあります。



「再発見」を使った例文と意味を解釈

「再発見」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「再発見」を使った例文1
  • 「再発見」を使った例文2

「再発見」を使った例文1

「奈良・京都を旅行して神社仏閣を回ったことで、日本の伝統文化や歴史的建築物の素晴らしさを再発見しました」

この「再発見」を使った例文は、「再発見」という表現を、「見過ごしていた日本の伝統文化・歴史的建築物の価値を、改めて認識しなおした」という意味合いで使用しています。

「再発見」を使った例文2

「困っている時に友人が親身になって相談に乗ってくれて、人のぬくもりの価値を再発見することができました」

この「再発見」を使った例文では、「今まで気づかなかった人のぬくもりの良さ・価値について、新しい観点(経験)から改めて認めなおすことができた」という意味合いで、「再発見」という表現を使っています。

「再発見」の類語や類義語

「再発見」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「新たに気づく・復活」
  • 「リニューアル・リバイバル」

「新たに気づく・復活」

「再発見」という表現は、「今まで見過ごしていたそのものの良さ・価値に、改めて新たに気づくこと」「気づかなかった良さに気づいて、そのものの価値が復活すること」を意味しています。

それらの意味から、「新たに気づく・復活」の表現を、「再発見」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として考えることができます。

「リニューアル・リバイバル」

「リニューアル」という言葉は、「見過ごしていた良さ・価値に気づいて、そのものに新たな生命を吹き込むこと」を意味しています。

「再発見」という表現は、「そのものの意味・価値を改めて認めなおして、リバイバル(復活・再生)すること」を意味しています。

これらの意味合いから、「再発見」と近しい似た意味を持つ類義語として、「リニューアル・リバイバル」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「再発見」の表現には、「今まで見過ごしていたことに気づいて、改めてその価値を認識しなおすこと」などの意味があります。

「再発見」の類語・類義語として、「新たに気づく・復活」「リニューアル・リバイバル」などがあります。

「再発見」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。