意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「好き放題」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「好き放題」という言葉を色々な場面で見たり聞くことがあるかと思います。

この言葉は聞くと、何となく自由で気ままな感じになるかもしれません。

しかし、実際に使ってみると、どのような場面で使えるのか、今一つ分からないこともあるものです。

そこで今回は、この「好き放題」について説明をしていくことにします。

好き放題

Meaning-Book
「好き放題」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「好き放題」とは?
  • 「好き放題に生きる」とは?
  • 「好き放題」の具体例や表現の使い方
  • 「好き放題」を使った例文と意味を解釈
  • 「好き放題」の類語や類義語・言い換え


「好き放題」とは?

「あいつはいつも好き放題にやっているな」と言われている人が、あなたの周りにもいるかもしれません。

そんな時に出てくる「好き放題」とは、「自分の好きなだけ気ままに振る舞うこと」という意味があります。

  • 「好き放題」の読み方

「好き放題」の読み方

「好き放題」「すきほうだい」という読み方をしますが、使われている「好き」「放題」はそんなに難しい漢字ではないので、ここで間違った読み方にならないよう、きちんと押さえておくことにしましょう。



「好き放題に生きる」とは?

「好き放題に生きる」という表現がありますが、これには「何のしがらみや制約に縛られることなく、自由気ままに生活すること」という意味になります。

普通ならば、働くことや勉強することなど、やらなければならないことがありますか、そんなことはお構いなく「自由に生きる」ということになるでしょう。

「好き放題」の具体例や表現の使い方

「好き放題」の具体的なケースとしては、定年退職後に自由に生活することや、企業の経営者が傍若無人な態度で振る舞うようなことが挙げられます。



「好き放題」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「好き放題」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「好き放題」を使った例文1
  • 「好き放題」を使った例文2

「好き放題」を使った例文1

「彼はいつも好き放題なことを言うので、周りから敬遠されています」

このような人が自分の周りにもいるのではないかと思いますが、間違いなく嫌われるタイプの人です。

しかし、それでも全く周囲のことを気にせずにズバズバと物言うので、煙たがられる存在なのです。

「好き放題」を使った例文2

「現役時代はバリバリと働いているのだから、せめて老後くらいは好き放題をして暮らしてみたいと思う」

サラリーマンの人であれば、この例文のような生活スタイルに大きな憧れを抱くのではないでしょうか?

定年退職するまで一緒懸命働いているのですから、その後はゆっくりとしたいと思うはずです。

しかし、今の世の中の流れは定年後も働くことが求められる時代なので、ちょっと厳しい環境なのでしょう。

「好き放題」の類語や類義語・言い換え

「好き放題」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「心任せ」【こころまかせ】
  • 「勝手気まま」【かってきまま】

「心任せ」【こころまかせ】

「心任せ」という言葉が「好き放題」の類義語として扱うことができるでしょう。

「自分の思いのままに物事を行うこと」という意味で使われている表現です。

この言葉には、「本能のおもむくまま」「自由気ままに」というようなニュアンスがあります。

「勝手気まま」【かってきまま】

「勝手気まま」という言葉も「好き放題」に近い意味合いのあります。

「規律がない」または「規律が守られていない」のいうことを指しています。

icon まとめ

「好き放題」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、このようは生活スタイルは、誰でも1度は憧れるものです。

しかし、みんなが「好き放題」に暮らすのであれば、社会は成り立っていきません。

時には「好き放題」振る舞うこともいいでしょうが、普段は規律正しく生活していくことが基本です。

その上で時々、息抜きとして「好き放題」できる日を作ったりして楽しむことです。