意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ちょっぴり」の意味とは!類語や言い換え

「ちょっぴり」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「ちょっぴり」という言葉について詳しく紹介していきます。

ちょっぴり

Meaning-Book
「ちょっぴり」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「ちょっぴり」とは?
  • 「ちょっぴり」の語源や表現の使い方
  • 「ちょっぴり」を使った例文と意味を解釈
  • 「ちょっぴり」の類語や類義語・言い換え


「ちょっぴり」とは?

「ちょっぴり」というのはちょっとばかりという意味です。

分量や程度がわずかである、ほんの少し、ということであり、例えば「ちょっぴり酒を飲む」などと表現されます。

ヨシタケシンスケ作の絵本には「おしっこちょっぴりもれたろう」という絵本がありますね。

その一方で、ビジネスなどでは使わない方が良い表現でもあります。

ビジネスでは「少し」などと言い換えるようにしましょう。



「ちょっぴり」の語源や表現の使い方

「ちょっぴり」という表現は「ちと」「ちいと」「ちょっと」「ちょっときり」からきていると考えられ、「一寸」「鳥渡」があて字として用いられます。

オフィシャルな場面で使うならば「ちょっぴり」ではなく、「ちょっと」「少し」を利用したほうが無難です。

少しだけ悲しかった時など、「ちょっぴり悲しかった」などと表現します。

「ちょっぴり」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「ちょっぴり」を使った例文1
  • 「ちょっぴり」を使った例文2

「ちょっぴり」を使った例文1

「ちょっぴりこぼしてしまったので、着替えてきます」

何かを食べている時や飲んでいる時、少しこぼしてしまうという事は誰にでもありますよね。

外出先では簡単に着替えるというわけにもいきませんけれど、自宅の場合は簡単に着替えることが可能です。

水をちょっぴりこぼしてしまった程度であれば問題はありませんが、もしも洋服にシミをつけてしまうような飲み物などがこぼれてしまったら、すぐに洗うように心がけたいものです。

「ちょっぴり」を使った例文2

「友達と遊べなくて、ちょっぴり悲しかったです」

どれだけ友達と遊びたいと思っていても、友達の都合が合わなかったり、親の都合で外出できなかったりして友達と遊びに行けないということもあるかもしれません。

そのような時は悲しい、寂しい、と感じますよね。

このような時にも「ちょっぴり悲しかった」「ちょっぴり寂しかった」などと表現できます。

冗談めかしたニュアンスを含むことも可能です。



「ちょっぴり」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「少し」【すこし】
  • 「ちょっと」

「少し」【すこし】

「少し」という表現には少々、ちょっと、という意味があります。

例えば「少しだけ遅れてしまいました」「少しだけいただけますか」などと使われます。

「ちょっと」

「ちょっと」という表現は少しである、という意味があります。

数量や度合いがそこまで著しくない、非常にというほどではないけれどある程度、という時に使われる表現です。

「ちょっと遅れます」「ちょっと足りませんでした」などと使われます。

icon まとめ

「ちょっぴり」という表現は日常的に使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

場面に応じて「少し」「ちょっと」などと使い分けも忘れないようにしたいですね。