意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雄々しい」の意味とは!言葉を徹底解説

読書をしていると「雄々しい」という言葉を見掛けることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

雄々しい

Meaning-Book
「雄々しい」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「雄々しい」とは?
  • 「雄々しい」の表現の使い方
  • 「雄々しい」を使った例文と意味を解釈
  • 「雄々しい」の類語や類義語・言い換え


「雄々しい」とは?

「雄々しい」の概要について紹介します。

  • 「雄々しい」の読み方
  • 「男らしい様子」の意味
  • 「勇ましい様子」の意味
  • 「雄々しい」と「猛々しい」の違い

「雄々しい」の読み方

「雄々しい」「おおしい」と読みます。

人によっては「男々しい」と書く人もいますが、読み方は同じです。

「男らしい様子」の意味

「雄々しい」「雄=おす」という漢字を使うので、文字通り「男らしいこと」を言います。

男性らしく大きくて頑丈で、精悍なイメージです。

見た目だけではなく、内面も強く、いざという時に弱い人を守ってくれる様な人のことを言います。

「勇ましい様子」の意味

「雄々しい」には「勇ましいこと」という意味もあります。

強い男性といえば勇気があって困難なことにもチャレンジしていくイメージです。

自分の大切なものを守る為に敵と戦い乗り越えていく騎士の様な精神が宿っている人のことを言います。

「雄々しい」と「猛々しい」の違い

「雄々しい」と似た意味の言葉に「猛々しい」がありますが、この2つは似ている様で意味が大きく違います。

「雄々しい」「男らしい様子」「勇ましい様子」です。

「猛々しい」「強そうに見えること」「恥知らずで図々しいこと」という意味があります。

力は強そうなのですが、振る舞いが乱暴で厚かましいというニュアンスがあり、「盗人猛々しい」という諺がある様に良い意味では使われません。

「雄々しい」「猛々しい」の違いは「乱暴で図々しいかどうか」という点です。



「雄々しい」の表現の使い方

「雄々しい」の使い方を幾つか紹介します。

  • 「雄々しい姿」
  • 「雄々しい声」
  • 女性に対しては使わない

「雄々しい姿」

いかにも強そうで男らしい見た目をしていることを言います。

人を表すこともあれば、標高の高い山々の景色など、ぱっと見て力強さを感じる人やものに対して使われます。

「雄々しい声」

細い声ではなく、太くて吠える様な大きな声のことを言います。

男性が大声でどなった時をイメージすると良いでしょう。

女性に対しては使わない

「雄々しい」という言葉は基本的に「男性」或いは「男性的なもの」に対して使われます。

文法上は勇ましい女性に対して使っても間違いではないのですが、言われた女性が良い気分になりません。

女性に対しては使わない方が良いでしょう。

「雄々しい」を使った例文と意味を解釈

「雄々しい」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「雄々しい」を使った例文1
  • 「雄々しい」を使った例文2

「雄々しい」を使った例文1

「彼は常に雄々しく自信に満ちた振る舞いをする」

常に堂々としていて、難しいことにでも積極的にチャレンジしていく姿が非常に男性的に見えることを表しています。

「雄々しい」を使った例文2

「山々はその雄々しい姿を現した」

天気が良くなり標高の高い山々が見える様になると、男性的な景色が非常に圧巻だったことを表しています。



「雄々しい」の類語や類義語・言い換え

「雄々しい」の類語を紹介します。

  • 「凛々しい」【りりしい】
  • 「勇敢な」【ゆうかんな】

「凛々しい」【りりしい】

「きりっと引き締まって美しいこと」という意味です。

女性に対しては「雄々しい」の代わりにこちらが使われます。

「勇敢な」【ゆうかんな】

「勇気があり困難を恐れずに突き進むこと」という意味です。

icon まとめ

「雄々しい」「男らしい様子」「勇ましい様子」という意味です。

男性に対するほめ言葉として使ってみましょう。