意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理念を体現する」の意味とは!言葉を徹底解説

皆さんは「理念を体現する」という言葉を聞いて、どのような理解をするでしょうか? この言葉は、普段の会話の中ではあまり使われることがありませんが、ビジネスの世界では、時々使われることがあります。

そこで今回は「理解を体現する」について考察していくことにします。

理念を体現する

Meaning-Book
「理念を体現する」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「理念を体現する」とは?
  • 「理念を体現する」の表現の使い方
  • 「理念を体現する」を使った例文と意味を解釈
  • 「理念を体現する」の類語や類義語・言い換え


「理念を体現する」とは?

「理念」とは「企業が事業を通じて社会に対する貢献の仕方を示す内容」「どのような価値観や規範に基づいて事業を行おうとしているのかを示すもの」という意味があります。

また、「体現」「心情や感情、意見など知覚できないことを具体的に知覚できる形にして示すこと」という意味になります。

このようなことから、「理念を体現する」「経営戦略上で示された企業方針を具体的に示すこと」となります。



「理念を体現する」の表現の使い方

「理念を体現する」は、「企業の方針や考え方を具体的に示す」という意味があるので、企業の方針発表会の場で使われたり、企業の日頃の活動の中で指し示されることがあります。

「理念を体現する」を使った例文と意味を解釈

では、「理念を体現する」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「理念を体現する」を使った例文1
  • 「理念を体現する」を使った例文2

「理念を体現する」を使った例文1

「あの会社は、常に理念を体現しているので、とても信頼のおける企業だと言えます」

このように日頃の企業の事業活動の中で、自社の経営理念を体現している会社がたくさんあります。

当たり前のことと言ってしまえばそれまでのことですが、自社の理念を事業活動を通して実践することは、とても大変なことです。

「理念を体現する」を使った例文2

「あの会社の社長の行動は常に自社の理念を体現していると言えます」

企業が自社の「理念を体現する」方法は色々ありますが、経営者トップ自ら自分の行動の中で「理念を体現する」ことは、理想的な経営者として、多くの社員から尊敬されているはずです。



「理念を体現する」の類語や類義語・言い換え

「理念を体現する」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「思想を具体的に示す」【しそうをぐたきてきにしめす】
  • 「会社の方針を明示」【かいしゃのほうしんをめいじ】

「思想を具体的に示す」【しそうをぐたきてきにしめす】

「思想を具体的に示す」という言葉が「理念を体現する」の類義語として挙げることができます。

「生き方や社会などについてのある1つのまとまった考えとして具体的に明示する」という意味になります。

「思想を具体的に示す」ことは、中々簡単にできるものではありませんが、このように多くの人達に示すことは、その会社の正当な考えをオープンにすることなので、多くの信頼を得ることになります。

「会社の方針を明示」【かいしゃのほうしんをめいじ】

「会社の方針を明示」という表現も類義語として使うことができますが、「企業が自らの目指すところして共有している考えを指し示す」という意味になります。

「会社の方針を明示」することは、社内外に対して、自分の考えを明確に示すことですが、それは社会との約束、すなわち契約でもあるということを意味していますので、そのことは社員もすべからず理解しておかなければなりません。

icon まとめ

「理念を体現する」という言葉の意味や具体的な使い方を紹介してきましたが、この言葉は、ビジネスシーンで使うことが多いことがお分かり頂けたのではないかと思います。

このように「理念」という崇高な考え方を、多くの人に公開すること、あるいはおおやけにすることは、とても重要なことです。