意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「教えを乞う」の意味とは!言葉を徹底解説

「教えを乞う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「教えを乞う」という言葉を使った例文や、「教えを乞う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「教えを乞う」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「教えを乞う」とは?
  • 「教えを乞う」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「教えを乞う」を使った例文や短文など


「教えを乞う」とは?

「教えを乞う」という言葉を知っているでしょうか。

「師匠に教えを乞う」という経験をした人もいるでしょう。

一方で、「教えを乞う」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「教えを乞う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「教えを乞う」の読み方
  • 「教えを乞う」の意味

「教えを乞う」の読み方

「教えを乞う」「おしえをこう」と読みます。

「教え」「おしえ」「乞う」「こう」と読みます。

これを機会に、「教えを乞う」「おしえをこう」と読みましょう。

「教えを乞う」の意味

「教えを乞う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「教えを乞う」は、「知識を教えて欲しい、スキルを授けて欲しい」という希望を、相手に伝える時に使う言葉です。

「師匠に教えを乞う」という時は、師匠に知識やスキルを授けて欲しいと告げるという意味があります。



「教えを乞う」の類語や類似表現や似た言葉

次に「教えを乞う」の類語や類似表現を紹介します。

「教えを乞う」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ご教示ください」【ごきょうじください】

「ご教示ください」【ごきょうじください】

「ご教示ください」には、「知識や方法を教え授けてください」という意味があります。

自分よりも仕事ができる人などに、仕事の仕方を教えてもらいたい時などに、「ご教示ください」と言います。

「教えを乞う」を使った例文や短文など

「教えを乞う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「教えを乞う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「教えを乞う」を使った例文1
  • 「教えを乞う」を使った例文2

「教えを乞う」を使った例文1

「空手の達人に、試合中の精神について『教えを乞う』」

この例文は、空手を習っている人が、空手の達人から、試合中の心の持ちようを教えてもらおうとしている場面になります。

空手の型などは、上級者から教えてもらえても、心については、達人クラスの空手家でないと説明できないかもしれません。

「教えを乞う」を使った例文2

「営業の真髄について、トップセールスマンから『教えを乞う』」

この例文のように、仕事高い成果を出している人から、仕事の真髄について教えてもらいたいと思うかもしれません。

自分の職種のトップに立つ人から、真髄を聞きたい時などに、「教えを乞う」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「教えを乞う」という言葉について見てきました。

知識や技術を授けて欲しいと思った時、師匠や上の立場の人にその意見を伝えたい時、「教えを乞う」という言葉を使ってみましょう。