意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「養生」とは?意味や使い方!例文や解釈

「養生」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「養生」という言葉を使った例文や、「養生」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「養生」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「養生」とは?
  • 「養生」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「養生」を使った例文や短文など
  • 「養生」の反対語


「養生」とは?

次に「養生」という言葉を知っているでしょうか。

「風邪を引いたので、自宅で養生する」という経験をしたことがあるかもしれません。

一方で、「養生」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「養生」という言葉の意味を紹介します。

  • 「養生」の読み方
  • 「養生」の意味

「養生」の読み方

「養生」「ようじょう」と読みます。

「ようせい」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「養生」「ようじょう」と読みましょう。

「養生」の意味

「養生」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「養生」には、「健康の増進」という意味や、「病後の体力回復に努めること」という意味があります。

例えば「風邪をひいて部屋で養生する」という時は、風邪を治すため、部屋で体力回復に努めるという意味があります。

このように、「養生」という言葉には、「健康の増進」「病後の体力回復に努めること」という意味があります。



「養生」の類語や類似表現や似た言葉

次に「養生」の類語や類似表現を紹介します。

「養生」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「療養」【りょうよう】
  • 「闘病」【とうびょう】
  • 「静養」【せいよう】
  • 「保養」【ほよう】
  • 「休養」【きゅうよう】
  • 「摂生」【せっせい】

「療養」【りょうよう】

「療養」という言葉には、「休養し栄養をしっかり取り、治療に専念すること」という意味があります。

例えば結核になった人が、田舎暮らしをしながら、休養し栄養をしっかり取り、治療に専念することがあります。

このような時、「田舎暮らしをしながら、結核療養をする」などと言います。

「闘病」【とうびょう】

「闘病」という言葉には、「強い意志で病気と闘うこと」という意味があります。

「闘病生活」には、「強い意志で病気と闘いながら毎日を過ごすこと」という意味があります。

「静養」【せいよう】

「静養」には、「心身を静かに休ませて、病気を治療すること」という意味があります。

例えば仕事で疲れた時、温泉に行き、一人静かにすごすことがあるかもしれません。

このような時、「温泉で静養する」などと言います。

「静養を兼ねて、旅行に行こう」「しっかりと静養して病気を治さないといけない」などという使い方をします。

「保養」【ほよう】

「保養」には、「心身を休めて、健康や活力を回復させること」という意味があります。

「保養地」という言葉がありますが、心身を休めて、健康や活力を回復させるのに役立つ場所という意味があります。

「休養」【きゅうよう】

「休養」には、「体を休めて活力を養うこと」という意味があります。

例えば徹夜が続いた次の日は、「家で休養する」かもしれません。

このような時「家で体を休めて、活力を養う」ということになります。

「運動ばかりせず、休養が大切」という時は、運動ばかりすると疲労が残るため、体を休めて活力を養うことも大切だという意味があります。

「摂生」【せっせい】

「摂生」には、「健康に注意すること」という意味があります。

食べ過ぎに気を付けて、適度な運動を心がけている人は「摂生している人」と言えるでしょう。

「養生」を使った例文や短文など

次に「養生」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「養生」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「養生」を使った例文1
  • 「養生」を使った例文2

「養生」を使った例文1

「毎日忙しい人は、なおさら『養生』することが大切だ」

この例文には、忙しい人ほど、健康に気を使う必要がある、という意味があります。

できるだけ早く家に帰り、しっかり睡眠を取るようにする、暴飲暴食をしないようにするなど、健康の増進や体力回復を心がけるようにすれば、忙しい毎日を健康に過ごせるかもしれません。

「養生」を使った例文2

「『養生』して、できるだけ長生きしたい」

この例文は、健康の増進を心がけ、疲れたらすぐに疲労回復を目指すなど、健康的な生活を送って長生きしたいと思っている人の心の中を文章にしたものです。

栄養豊富な食事を心がけ、良く歩くようにするなど、ちょっとした「養生」が長生きにつながるかもしれません。



「養生」の反対語

「養生」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「養生」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「害う」【そこなう】
  • 「害する」【がいする】
  • 「蝕む」【むしばむ】
  • 「毒する」【どくする】
  • 「障る」【さわる】

「害う」【そこなう】

「害う」には、「良い状態を悪くする」という意味があります。

「健康を害う」という定型句がありますが、健康な状態を悪くするという意味になります。

また飲みすぎて「胃腸を害う」という文章には、胃腸の状態を悪くするという意味があります。

飲み会が続き、「胃腸を害った」という経験がある人もいるでしょう。

「害する」【がいする】

「害する」という言葉には、「傷つけて悪い影響を与える」という意味があります。

例えば「睡眠不足は健康を害する」という言葉には、睡眠不足は健康に悪影響を与えるという意味があります。

なぜ睡眠不足は健康を害するかといえば、睡眠時間が足りないと疲労が残り、痛んだ筋肉などが回復する暇がないためでしょう。

「蝕む」【むしばむ】

「蝕む」という言葉には、「少しずつ悪くなる」という意味があります。

例えば「ファストフードの食べ過ぎは健康な体を蝕む」という時は、栄養のない食べ物ばかり食べていると、健康な体が、少しずつ悪くなっていくという意味があります。

「毒する」【どくする】

「毒する」には、「心身に害を与えて悪くする」という意味があります。

例えば「お酒の飲み過ぎは、体を毒する」という時は、お酒を飲みすぎると、体に害を与えて体調が悪くなるという意味があります。

「障る」【さわる】

「障る」という言葉には、「健康の障害になる」という意味があります。

「仕事のし過ぎは、健康に障る」という時は、仕事をしすぎると、健康の障害になるという意味があります。

icon まとめ

「養生」という言葉について見てきました。

健康維持を心がける時、病気からの回復に努める時、「養生」という言葉を使ってみましょう。