意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「移り変わる」とは?意味や言い換え!例文と解釈

移り変わるという表現を知っているでしょうか。

ここでは移り変わるという言い回しについて詳しく紹介していきます。

移り変わる

Meaning-Book
「移り変わる」とは?意味や言い換え!例文と解釈>

目次

  • 「移り変わる」とは?
  • 「移り変わる景色」の意味
  • 「移り変わる」の表現の使い方
  • 「移り変わる」を使った例文と意味を解釈
  • 「移り変わる」の類語や類義語・言い換え


「移り変わる」とは?

「移り変わる」、という表現には時が経過するにつれて物事が変化する、という意味があります。

変化をもたらす出来事や時間に対する変化等という意味があり、「物事が様変わりしていく様子」を指しているのです。

例えば、時が経過するにつれて季節は移り変わっていきますよね。

いつまでも春という事はありませんし、いつまでも冬が続くという事はありません。

夜が来れば必ず朝がやってきます。

また、人の心も「移り変わる」ものであり、たとえショックを受けたとしてもいつか気持ちが晴れる日が来るものです。

時間がかかったとしても、時間が解決してくれる場合もあります。

  • 「移り変わる」の読み方

「移り変わる」の読み方

移り変わるという表現は「うつりかわる」と読みます。

よく使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「移り変わる景色」の意味

「移り変わる景色」、という言葉には景色が徐々に変わっていくという意味があります。

例えば、移り変わる景色を車窓から眺めるなどという表現がありますが、車に乗っていると景色がどんどん変わっていきますよね。

東京から地方に向けて車を走らせていくと、畑が増えた、田んぼが増えた、山が増えた、などと思う人もいるのではないでしょうか。

電車の中から見ても景色が変わっていきますし、新幹線から眺める「景色の変遷」が好きだという人もいるかもしれませんね。

「移り変わる」の表現の使い方

「移り変わる」、という表現は時が経つにつれて変化していくものに対して使える言い回しです。

例えば、「女心は移り変わる」などと表現することもありますね。

例えば誰かのことが好きになったとしても、半年後同じ人のことが好きかと言えばそうでは無いかもしれません。

誰かに振られてしまってその時はショックだったとしても、半年後には他の男性と付き合っているかもしれません。

「人間の心は移り変わっていくもの」であり、たとえ誰かのことが好きになったとしても、その人から冷たい態度を取られたりすれば、その人に関心を持たなくなることも珍しくないのです。



「移り変わる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「移り変わる」を使った例文1
  • 「移り変わる」を使った例文2

「移り変わる」を使った例文1

「移り変わる季節の変化を毎年楽しみにしています」

日本は四季があり、春は桜、夏は青い空や海など、楽しめるものがたくさんありますよね。

秋になったら紅葉が楽しめる、冬になったら雪景色が好きだ、という人もいるのではないでしょうか。

このような季節が移り変わっていくからこそ楽しめる景色がたくさんあるのです。

その景色が最も美しい時期に京都に行ってみたい、などと感じている人もいるのではないでしょうか。

「移り変わる」を使った例文2

「人の心が移り変わるものですから、昔と同じことを考えているとは限りません」

人間はいろいろなことを考えますよね。

たとえショックを受けたり喜んだりしても、新しい経験をすれば全く違った反応することもあるでしょう。

誰かに対して腹を立てていたとしても、しばらくしたら忘れてしまうかもしれません。

誰かに対して好意を持っていたとしても、気持ちが変化してしまうこともあるでしょう。

周りから影響を受ければさらに考え方が変わってしまうのです。

「移り変わる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「変遷」【へんせん】
  • 「流れ行く」【ながれゆく】

「変遷」【へんせん】

「変遷」という言葉には時の流れと共に移り変わるという意味があります。

例えば歌は時代につれて変遷していきますね。

「流れ行く」【ながれゆく】

「流れ行く」、という表現には流れてゆく、移り変わっていく、という意味があります。

合唱曲にも「流れゆく雲を見つめて」というものがあります。

icon まとめ

「移り変わる」という表現は主に季節に対して使われる言い回しです。

季節などの変化が楽しめるのは素晴らしいことですよね。