意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「最安値」とは?意味や使い方!例文や解釈

「最安値」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「最安値」という言葉を使った例文や、「最安値」の類語を紹介して行きます。

最安値

Meaning-Book
「最安値」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「最安値」とは?
  • 「最安値」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「最安値」を使った例文や短文など
  • 「最安値」の反対語


「最安値」とは?

みなさんは「最安値」という言葉を知っているでしょうか。

ネット株などをする人は「株価が最安値をつけた」というニュースを目にしたことがあるかもしれません。

一方で、「最安値」という言葉をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「最安値」という言葉の意味を紹介します。

  • 「最安値」の読み方
  • 「最安値」の意味

「最安値」の読み方

「最安値」「さいやすね」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「最安値」「さいやすね」と読みましょう。

「最安値」の意味

「最安値」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「最安値」には「いちばん値段が安いこと」という意味があります。

また「どこよりも値段が安いこと」という意味もあります。

さらに「取引市場で、上場以来、いちばん安い値段がつくこと」に対しても「最安値」という言葉を使います。

例えば、株式市場で「株価が最安値をつけた」という場合は、その銘柄が上場以来、もっとも安い値段をつけたという意味になります。

このように「最安値」には、「いちばん値段が安いこと」「どこよりも値段が安いこと」「取引市場で上場以来、いちばん安い値段がつくこと」という意味があります。



「最安値」の類語や類似表現や似た言葉

次に「最安値」の類語や類似表現を紹介します。

「最安値」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「破格値」【はかくね】
  • 「ロープライス」
  • 「リーズナブル」
  • 「赤字覚悟」【あかじかくご】

「破格値」【はかくね】

「破格値」には「破格な値段」という意味があります。

「通常の価格よりも非常に安い価格」の時に、「破格値」と言います。

例えば、デパートのバーゲン時期に、シャツが8割引きで売られていたら、それは「破格値」と言えるでしょう。

またスーパーで野菜や果物が目玉商品として一個100円で売られている時も、「破格値」と言えるでしょう。

「ロープライス」

「ロープライス」「低価格」という意味があるカタカナ語になります。

スーパーなどで買い物をしていると、商品の棚に「ロープライス」と書かれた札などが置かれていることがあります。

「低価格商品」だと知らせてくれている札です。

このように普段売られている価格より、低い価格で売られている商品などを、「ロープライス」と呼びます。

「リーズナブル」

「リーズナブル」という言葉は、「値段が手ごろな様子」を意味する、カタカナ語になります。

「この商品はリーズナブルだね」という時は、「この商品の値段は手ごろだね」という意味があります。

また「リーズナブル」には、「論理などが妥当な様子」という意味もあります。

「赤字覚悟」【あかじかくご】

「赤字覚悟」には、「利益が出ず、赤字になるのを覚悟して」という意味があります。

「赤字覚悟のセール」という場合は、「売れても赤字になることも覚悟して、セールをする」という意味になります。

「最安値」を使った例文や短文など

続いて「最安値」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「最安値」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「最安値」を使った例文1
  • 「最安値」を使った例文2

「最安値」を使った例文1

「東証一部で、Aという銘柄が『最安値』をつけた」

この例文は、Aという銘柄が、東証一部で上場以来、もっとも安い値段をつけたという意味があります。

「最安値」をつける時、その銘柄の企業には何かの原因があります。

例えば営業成績が悪化した時、利益が赤字に転落してしまった時などです。

販売している商品やサービスの売り上げが悪く、業績が悪化した時は、その銘柄を買う人が少なくなり、「最安値」をつけるかもしれません。

またその銘柄の企業が不祥事を起こした時も、「最安値」をつけることがあります。

例えば法律違反を犯して、その企業の銘柄が、上場廃止を噂されるような時は、投げ売りする人も増えるため、「最安値」をつけやすいでしょう。

「最安値」を使った例文2

「今日のちらしを見たら、スーパーBのキャベツが『最安値』だった」

この例文のように、ちらしの値段を参考にしながら、買い物をしている主婦の方々も少なくないでしょう。

例えばキャベツの値段を比べて、各スーパーで120円、99円、70円で販売されていたとしたら、70円で売られているキャベツが「最安値」となります。

このように、いくつかの小売店の販売価格を比較して、その中でいちばん安い値段に対しても「最安値」という言葉を使えます。



「最安値」の反対語

「最安値」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「最安値」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「最高値」【さいたかね】
  • 「ハイスコア」
  • 「最大限」【さいだいげん】

「最高値」【さいたかね】

「最高値」という言葉は、取引市場で使われる言葉になります。

「最安値」には、「取引市場で上場以来、もっとも高い値段をつけた」という意味があります。

例えば株式市場に上場している、銘柄の企業が大ヒット商品を発表した時などに、銘柄の株価が急騰し、「最高値」をつけることがあります。

「ハイスコア」

「ハイスコア」には、「最高得点」という意味があります。

例えばゲームをした時に、いちばん高い得点を出した時、「ハイスコアを出した」と言います。

またスポーツの試合で、参加者の誰よりも高い点数を出した時、「ハイスコアを出した」と言われます。

点数換算できるスポーツや試験などで、最高得点を出すことを「ハイスコアを出す」と言います。

「最大限」【さいだいげん】

「最大限」には、「いちばん大きな限度」という意味があります。

限度があるなかで、もっとも大きいこと、決められた範囲の中でもっとも大きいことを「最大限」と呼びます。

例えば取引をしている時に、これ以上譲歩できないほど、譲歩した時、「最大限の譲歩」となります。

icon まとめ

「最安値」という言葉について見てきました。

ある商品が、どこよりも値段が安いと思った時、また取引市場で上場以来、いちばん安い値段をつけた銘柄を見た時、「最安値」という言葉を使ってみましょう。