意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「資質の向上を図る」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは、「資質の向上を図る」という言葉の意味をどのように受け止めることでしょうか? この言葉には、誰もが持てる能力を高めてより良い生活を送ってほしいというような願いが込められているように思えます。

そこで、ここでは「資質の向上を図る」という表現について考察していきたいと思います。

Meaning-Book
「資質の向上を図る」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「資質の向上を図る」とは?
  • 「資質の向上を図る」の具体例
  • 「資質の向上を図る」の表現の使い方
  • 「資質の向上を図る」を使った例文と意味を解釈
  • 「資質の向上を図る」の類語や類義語・言い換え


「資質の向上を図る」とは?

「資質の向上を図る」とは、「生まれながらにして持っている天性を高めるようにする」「元々持っている才能を引き伸ばすために、専門的な教育を受けさせる、あるいは訓練する、させる」というような意味があります。

  • 「資質の向上を図る」の読み方

「資質の向上を図る」の読み方

「資質の向上を図る」「ししつのこうじょうをはかる」という読み方になります。

この表現で使われている漢字には、難しいものが使われていないので、素直に読むことで、問題はないでしょう。



「資質の向上を図る」の具体例

「資質の向上を図る」の具体的な例としては、絶対音感を持つ子供が一流のピアニストとして成長できるように、海外留学をさせたり、高等教育を受けさせるようなケースが考えられます。

「資質の向上を図る」の表現の使い方

「資質の向上を図る」とは「生まれ持った才能を意図的に教育を受けたり、訓練することで高める」という意味があるので、専門的な教育を受けたり、実践的なトレーニングをすることで、その力を高くしていくようなケースで使われることになります。



「資質の向上を図る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「資質の向上を図る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「資質の向上を図る」を使った例文1
  • 「資質の向上を図る」を使った例文2

「資質の向上を図る」を使った例文1

「彼は幼い頃から短距離走で、大人顔負けの走りを見せていたので、オリンピックを目指して能力の向上を図るために、有名な監督のチームに入れさせることにした」

幼い頃から高い能力を発揮していた子供の能力を高めるために、専門の教育を受けさせることがよくあります。

この例文にあるようにオリンピック選手としての成長を促すために、知名度の高いチームの中で、トレーニングさせることもあります。

「資質の向上を図る」を使った例文2

「元々、絵の才能を持っていた田辺さんは、資質の向上を図るために、有名画伯について、教育を受けることになった」

生まれながらにして、高い才能を持つ人が、世界的に有名になるほどまでに成長するためには、自己努力だけでは限界がある場合もあります。

そのような時は、優秀な指導者について適切な指導を受けることが「資質の向上を図る」有効な手立てとなります。

「資質の向上を図る」の類語や類義語・言い換え

「資質の向上を図る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるのかを見ていくことにします。

  • 「天性に磨きをかける」【てんせいにみがきをかける】
  • 「資質を伸ばすために教育を受ける」【ししつをのばすためにきょういくをうける

「天性に磨きをかける」【てんせいにみがきをかける】

「天性を磨きをかける」「資質の向上を図る」に違い意味を持つ類義語になるでしょう。

「元々、持っている才能を高くするために、色々な経験を積んだり、訓練すること」という意味で理解することができます。

「資質を伸ばすために教育を受ける」【ししつをのばすためにきょういくをうける

「資質を伸ばすために教育を受ける」という言い回しも類義語として使うことができます。

資質を高めるためには、実践的な経験を積むことも必要ですが、専門的な教育を受けて理論的な力を養うことも大切なことです。

icon まとめ

元々持っている天性を高めることは、その人の人格的形成に結び付けることと同時に、社会貢献できる人材育成と言えるかもしれません。

「資質の向上を図る」ことは単なる名声を獲得するだけでなく、社会的な貢献度を高める意義のある取り組みではないかと思うのです。