意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「常識を覆す」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「常識を覆す」、という表現を知っているでしょうか。

ここではこの言い回しについて詳しく紹介していきます。

常識を覆す

Meaning-Book
「常識を覆す」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「常識を覆す」とは?
  • 「常識を覆す」の英語と解釈
  • 「常識を覆す」の表現の使い方
  • 「常識を覆す」を使った例文と意味を解釈
  • 「常識を覆す」の類語や類義語・言い換え


「常識を覆す」とは?

「常識を覆す」、という表現には何かをするにあたり、従来のやり方にとらわれない手段をとる、画期的な物事をする、根本から変える、という意味で使われます。

例えば、従来のやり方は常識として捉えられていることがあり、どうすれば良いのかわからない場合はとりあえず従来のやり方に従っておけば安心だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、最近は経済が悪化し、従来のやり方ではうまくいかないことも増えましたね。

そのため、今までのやり方とは違った、画期的なやり方が求められていることもあります。

今までとは違ったやり方を選ぶことも、「常識を覆す」、と表現します。

  • 「常識を覆す」の読み方

「常識を覆す」の読み方

「常識を覆す」、という表現は「じょうしきをくつがえす」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「常識を覆す」の英語と解釈

常識を覆す meaning in english

「常識を覆す」、という表現を英語にすると“defy the common wisdom”という表現が使えます。

例えば、「これまでの常識を覆す研究が発表されました」ということであれば“The research result broke the mold.”なります。

「常識を覆す」の表現の使い方

今までは終身雇用、年功序列などが当たり前の社会でしたね。

第二次世界大戦を経て日本は高度経済成長の時期を迎え、日本の経済は劇的に成長していたのです。

その一方で最近は不況が起こり、今までのやり方では通用しないビジネスも増えてきました。

従来のやり方のままでは倒産してしまうケースも指摘されており、企業は常識を覆すやり方が求められているのです。

今までとは違ったやり方こそ、今の社会に求められている場合もあります。

このようなやり方を、常識を覆すやり方、と表現します。



「常識を覆す」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「常識を覆す」を使った例文1
  • 「常識を覆す」を使った例文2

「常識を覆す」を使った例文1

「この企業は今までの常識を覆す画期的なスマホを販売しました」

今は誰もが持つスマホですが、一昔前まではまさかそのようなものができるとは思っていなかった人も多いのではないでしょうか。

最近はスマホも徐々に変化を遂げ、様々な機能を持ち合わせていますよね。

スマホは単なる電話するための機械ではなく、パソコンとしても使われるようになったのです。

「常識を覆す」を使った例文2

「このショッピングモールは集客数を増やすための画期的な方法を採用しました」

今は価格競争などがなされており、お店同士も厳しい競争を乗り越えなければいけない時代になりました。

そのような中で、お客さんを他のお店に取られないようにどのお店も様々な取り組みを採用しています。

ポイント制度等は当たり前のようにどこのお店でも採用されていますね。

「常識を覆す」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「パラダイムシフト」
  • 「従来の枠に囚われない」【じゅうらいのわくにとらわれない】

「パラダイムシフト」

パラダイムシフトというのはある時代や集団を支配する考え方が劇的に変化する、という意味を指します。

今までの考え方や価値観が180度変わるということを表しており、社会の規範等の変化に対してもパラダイムシフトという言葉が使われます。

「従来の枠に囚われない」【じゅうらいのわくにとらわれない】

従来の枠に囚われないというのはそれまでの常識を覆すやり方、非常識なやり方、という意味になります。

常識外れのやり方をする場合にもこの表現が使われます。

icon まとめ

「常識を覆す」、という表現はあらゆる場所で使われています。

今はむしろ常識を覆すやり方をしなければいけないという時代になりつつあるのかもしれませんね。