意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「醜態」とは?意味や使い方!例文や解釈

「醜態」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「醜態」という言葉を使った例文や、「醜態」の類語を紹介して行きます。

醜態

Meaning-Book
「醜態」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「醜態」とは?
  • 「醜態」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「醜態」を使った例文や短文など
  • 「醜態」を使った言葉
  • 「醜態」の英語


「醜態」とは?

「醜態」という言葉を知っているでしょうか。

「飲み会で醜態をさらした」という経験がある人もいるでしょう。

一方で、「醜態」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「醜態」という言葉の意味を紹介します。

  • 「醜態」の読み方
  • 「醜態」の意味

「醜態」の読み方

「醜態」「しゅうたい」と読みます。

とても画数が多い漢字が使われているため、読み方が難しいかもしれません。

これを機会に、「醜態」「しゅうたい」と読みましょう。

「醜態」の意味

「醜態」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「醜態」には、「見苦しい恥ずべきありさま」という意味があります。

飲み会で「醜態」をさらしてしまったという人は、感情的になったり、泣き叫んだりなど、見苦しく恥ずべきありさまを参加者にさらしてしまったのかもしれません。

このように、「醜態」には、「見苦しい恥ずべきありさま」という意味があります。



「醜態」の類語や類似表現や似た言葉

次に「醜態」の類語や類似表現を紹介します。

「醜態」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「変態」【へんたい】
  • 「奇態」【きたい】
  • 「惨状」【さんじょう】
  • 「死に様」【しにざま】
  • 「窮状」【きゅじょう】

「変態」【へんたい】

「変態」には、「性欲などが異常であること」という意味があります。

また「普通とは変わったもの」という意味もあります。

アブノーマルな趣味の性欲の持ち主などが、「変態」と呼ばれます。

「奇態」【きたい】

「奇態」には、「風変わりな様子」という意味があります。

また「不思議なこと」「変わったこと」という意味があります。

誰かと出会った時に、風変わりな人だなと感じた時、「奇態に思う」と言います。

「惨状」【さんじょう】

「惨状」には、「むごたらしいありさま」という意味があります。

悲しい事件があった場所などを見た時、「惨状を見かねる」などと言います。

また、生活に困窮して、苦しい暮らしをしている人の様子を「惨状」という言葉で表現できます。

「死に様」【しにざま】

「死に様」という言葉には、「死んだ姿」という意味があります。

本当に死ぬことはない時でも、「俺の死に様を見ておけ」などと言って、死ぬ覚悟があることを示すことがあります。

「窮状」【きゅじょう】

「窮状」には、「困り果てている状態」という意味があります。

例えば、残業続きの会社で働いている人は、困り果てている状態かもしれません。

このような会社は「社員の窮状を理解すべきだ」などと言われるかもしれません。

「醜態」を使った例文や短文など

続いて「醜態」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「醜態」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「醜態」を使った例文1
  • 「醜態」を使った例文2

「醜態」を使った例文1

「会議中に居眠りをするという、『醜態』をさらす」

この例文のように、会議中につい眠ってしまって、そのことを上司にしてきされ、大恥をかいた経験があるかもしれません。

また眠ってしまうだけでもかなりの失態ですが、よだれをたらしてしまったり、寝言を言ってしまったら、これ以上ない「醜態」になるかもしれません。

このような恥ずかしい姿をさらさないためにも、翌日会議という日の夜は、しっかりと眠るようにしましょう。

「醜態」を使った例文2

「学校にズボンをはき忘れて出席し、『醜態』をさらす」

この例文は、ズボンをはき忘れて学校に行き、恥ずかしい姿をたくさんの生徒に見られてしまった場面を文章にしたものです。

ズボンをはき忘れるのは極端だとしても、酷い寝癖がついた髪型で学校に行ったり、シャツを裏表間違えて学校に行って恥をかいた経験があるかもしれません。

学校で見苦しい姿を見せると、数住人に目撃されてしまうというつらさがあります。

学生時代の「醜態」は、その当時は恥ずかしいものですが、時間が経てば懐かしい思い出に変わるかもしれません。



「醜態」を使った言葉

「醜態」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「醜態」を使った言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「醜態をさらす」
  • 「醜態をきわめる」
  • 「醜態を思い出す」

「醜態をさらす」

「醜態をさらす」という言葉があります。

「さらす」には、「広く人々の目に触れるようにする」という意味があります。

そのため「醜態をさらす」には、「恥ずべき姿が、広く世間に知れ渡る」という意味があります。

自分の恥ずかしい姿は、他の誰かに見られると恥ずかしいし、嫌な思いをするものですが、たくさんの人に見られてしまってはたまらないかもしれません。

「醜態をきわめる」

「醜態をきわめる」という言葉もあります。

「醜態をきわめる」には、「これ以上ないくらい見苦しい恥ずべき姿」という意味があります。

想像できないくらい、自分の姿が見苦しく、顔から火が出るくらい恥ずかしいと感じる時、「醜態をきわめる」という言葉を使います。

誰にでもひとつくらいは、「醜態をきわめた」経験があるかもしれません。

「醜態を思い出す」

「醜態を思い出す」という言葉には、「自分の恥ずべき姿が、脳裏に浮かぶ」「見苦しい姿を頭に思い描く」という意味があります。

以前、「醜態」をさらしてしまった人は、それなりの傷を負っています。

そのため折に触れて、その姿を思い出してしまうかもしれません。

突然、自分の見苦しい姿を思い出して、顔が赤くなってしまったような時は、「醜態を思い出す」という言葉を使ってみましょう。

「醜態」の英語

醜態 meaning in english

「醜態」という言葉を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「醜態」は英語で、“disgraceful behavior”(ディスグレイスフルビーハイバー)と言います。

“disgraceful behavior”には「醜態」という意味があります。

これを機会に、「醜態」を英語にする時は、“disgraceful behavior”を使ってみましょう。

icon まとめ

「醜態」という言葉について見てきました。

見苦しい恥ずべき姿を、誰かに見られた時、顔が赤くなるような見苦しい姿をさらしてしまった時は「醜態」という言葉を使ってみましょう。