意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「諦めない」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「諦めない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「諦めない」という言葉を使った例文や、「諦めない」の類語を紹介して行きます。

諦めない

Meaning-Book
「諦めない」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「諦めない」とは?
  • 「諦めない」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「諦めない」を使った例文や短文など


「諦めない」とは?

「諦めない」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事には諦めない気持ちが大切」などと、上司が言っているのを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「諦めない」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「諦めない」という言葉の意味を紹介します。

  • 「諦めない」の読み方
  • 「諦めない」の意味

「諦めない」の読み方

「諦めない」「あきらめない」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「諦めない」「あきらめない」と読みましょう。

「諦めない」の意味

「諦めない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「諦めない」「諦める」の否定形になります。

「諦める」には、「仕方がないときっぱり思い切ること」「断念すること」という意味があります。

そのため、「諦めない」には、「仕方ないと投げ出したりしない」「逃げ出さない」などの意味があります。

例えば、仕事には辛いことがたくさんあり、逃げ出したくなるような場面もあります。

そのような時に「諦めない気持ちが大切」と励ましてくれる人がいますが、この言葉には、「仕方ないと投げ出さないことが大切」「逃げ出さないことが大切」という意味があります。



「諦めない」の類語や類似表現や似た言葉

次に「諦めない」の類語や類似表現を紹介します。

「諦めない」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「挫けない」【くじけない】
  • 「不屈の精神」【ふくつのせいしん】
  • 「不撓不屈」【ふとうふくつ】

「挫けない」【くじけない】

「挫けない」には、「勢いや気力が弱ったりしない」「心が折れたり、傷ついたりしない」という意味があります。

「辛い目に遭っても挫けない」「お金がなくても挫けない」などという使い方をします。

「不屈の精神」【ふくつのせいしん】

「不屈の精神」には、「困難に直面しても、挫けたりあきらめたりしない」という意味があります。

「不屈の精神の持ち主」は、困難に直面しても、あきらめない心の持ち主という意味があります。

「不撓不屈」【ふとうふくつ】

「不撓不屈」には「強い意志を持ち、どのような苦労や困難があっても挫けない」という意味があります。

座右の銘にする人も多いような、人気のある言葉になります。

「不撓不屈の精神で、仕事を頑張りたい」「不撓不屈の心で困難を乗り切りたい」などと言います。

「諦めない」を使った例文や短文など

次に「諦めない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「諦めない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「諦めない」を使った例文1
  • 「諦めない」を使った例文2

「諦めない」を使った例文1

「例え最後の一人になっても、生き残ることを『諦めない』」

ゾンビ映画などを見ていると、このようなセリフが登場するかもしれません。

周囲の人がバタバタとゾンビになって行く中、生き残った人間は心細くなるでしょう。

自分もゾンビになった方が楽かもしれない、命を絶ったほうがいいのではないかと思うかもしれません。

それでも命を投げ出して、困難な状況から逃げ出したりしないと誓う時、「諦めない」という言葉が口から出てくるかもしれません。

「諦めない」を使った例文2

「何度、門前払いをされても、契約を取るまで『諦めない』」

この例文は営業職をしたことがある人なら、共感できる文章かもしれません。

何度も門前払いをされても、邪険に扱われても契約を取ることを投げ出さないと誓った時、「諦めない」という言葉で表現できます。

粘りすぎるのも問題かもしれませんが、このような「諦めない」気持ちも大切でしょう。



icon まとめ

「諦めない」という言葉について見てきました。

辛い時に逃げ出さない、放り投げない時、「諦めない」という言葉を使ってみましょう。