意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「対応方針」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「対応方針」という表現を知っているでしょうか。

企業などは様々な「対応方針」を定めていることがありますね。

ここでは「対応方針」という表現について紹介していきます。

Meaning-Book
「対応方針」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「対応方針」とは?
  • 「対応方針」の英語と解釈
  • 「対応方針」の表現の使い方
  • 「対応方針」を使った例文と意味を解釈
  • 「対応方針」の類語や類義語・言い換え


「対応方針」とは?

「対応方針」とは、誰かに対応するために定められた行動や処置の方向、あるいは原則という意味になります。

対応には相手の出方に応じた態度をとり、問題を処理するという意味があり、例えば、企業の中には顧客に対する「対応方針」が定められている場合もあります。

ショッピングモール等の場合、万が一お客さん達から苦情があった場合にどのように対応するか、またということも考えておかなければいけません。

例えばお客さんたちから来た苦情は最優先の問題とする、などという「対応方針」が定められている場合もあります。

  • 「対応方針」の読み方

「対応方針」の読み方

「対応方針」という表現は「たいおうほうしん」と読みます。

企業などではよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「対応方針」の英語と解釈

「対応方針」という表現を英語にすると“policy”“response guideline”になります。

「対応方針をきちんと定める必要があります」ということであれば“It's very important to think of response guidelines.”になります。

「対応方針」の表現の使い方

最近はあらゆる企業が顧客からの苦情を受け付けるための問い合わせ窓口などを用意していますよね。

ショッピングモールなどでもお客さんたちからの苦情を受けたり、返品や交換に対応するための窓口があります。

このような顧客やお客さんに対する「対応方針」も事前に決められており、従業員はこれに従って対応しているのです。

例えば、クレームや苦情は最優先として扱うと「対応方針」が決められていることもありますし、もしも不当なクレームを受けた場合は毅然として対応するということもあるでしょう。

あるいは、どのお客さんのことも平等に扱う、などという「対応方針」が決められている場合もあります。

さらに個人情報等に関しても厳重に保護すると「対応方針」が定めていることも珍しくありません。



「対応方針」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「対応方針」を使った例文1
  • 「対応方針」を使った例文2

「対応方針」を使った例文1

「コンビニにもお客様対応方針があります」

お客さんたちからクレームを受けた場合にどう対応したら良いのか、という事はショッピングモール等だけではなく、コンビニなどもしっかりと定めています。

日本には多くの種類のコンビニがありますよね。

それらのコンビニももしもクレームを受けたらどうする、などという対応をしっかりと定めており、社員教育がなされているのです。

「対応方針」を使った例文2

「苦情対応方針を読んでおいてください」

苦情を受ける可能性があるのはショッピングモールやコンビニだけではありません。

例えば保険会社等も苦情を受けることがあり、従業員はその苦情にどのように対応するべきか知っておかなければいけないのです。

そのため、社員たちは「苦情対応方針」などを一読し、自分が苦情を受けてもきちんと対応できるように準備しているのです。

「対応方針」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「判断指針」【はんだんししん】
  • 「行動方針」【こうどうほうしん】

「判断指針」【はんだんししん】

判断指針というのは物事を判断するための方向性を示したもの、何かを判断するときに頼りとなるもの、参考となるもの、という意味になります。

例えば、医者には病気を診断する際の判断指針があります。

「行動方針」【こうどうほうしん】

行動方針というのはどのように考えてどのように混同するのか、基本的となる方針という意味になります。

ビジネスにおいては行動方針という言葉を聞く人も多いのではないでしょうか。

例えば、有名なニトリは「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」という行動方針を持っています。

icon まとめ

「対応方針」は非常に重要です。

もしも自分がアルバイトをする場合など、「対応方針」を学ばなければいけないということもあるでしょう。

その企業等のやり方をしっかりと心得ておかなければいけません。