意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アクセルとブレーキを踏み間違えた」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

近年、高齢者が車で事故を起こす一番の原因となっているのが、この「アクセルとブレーキを踏み間違えた」ことだと言われています。

アクセルとブレーキを踏み間違えた

Meaning-Book
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「アクセルとブレーキを踏み間違えた」とは?
  • アクセルとブレーキを踏み間違える事故は何故起きる?
  • 「アクセルとブレーキを踏み間違えた」がニュースになる理由


「アクセルとブレーキを踏み間違えた」とは?

世の中では、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」ことにより、建物に車ごと突っ込んでしまうという事故が後を断ちません。

うっかり間違えてしまったで済む話でもなく、このようなことは起こらないに越したことはありません。

このようなことが起きてしまう原因は、高齢によって咄嗟の判断が難しくなっているというだけでなく、オートマチック(CVTも含む)車がほとんどとなっているということも多分に影響していると言われています。



アクセルとブレーキを踏み間違える事故は何故起きる?

オートマチック車は、ドライブシフトに入れておくと、後はアクセルを踏めば前進、ブレーキで止まるといったとても簡単な操作だけで運転できてしまいます。

そのように運転を簡単にする為に開発されたシステムですが、これが災いして、 アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が多発しているという声が少なくありません。

マニュアル車であれば、ギアを入れ、クラッチも繋がない限り、停止時(ニュートラルギアに入れているとします)から急にアクセルが踏まれても、車が動き出すことはありません。

便利にした仕組みが事故を増やしているというのは何とも皮肉な話ですが、実際にアクセルとブレーキの踏み間違えによって起きた事故は、ほとんど全てが停止時から(ドライブシフトに入れていれば)アクセル操作だけでいつでも走り出してしまうという性質のオートマチック車によるものです。

「アクセルとブレーキを踏み間違えた」がニュースになる理由

このような事故は、これまでに何件あったのか想像も付かないほど起きています。

ニュースになるのは、それによって建物などに大きな被害が出た時や、死者が出た時だけですが、そのようなニュースによって、高齢者に運転に注意するようにという注意喚起になるのと同時に、そのような事故を起こしてしまう前に、運転免許証の自主返納するように呼びかけていると考えていいでしょう。

免許証を返納すると、その代わりに同じサイズの運転経歴証明書というものが発行されます。

これは、きちんとした身分証明書になり、タクシーを1割引で利用できるというサービスにも利用できます(事業者によっては、そのサービスがない場合もあります)。

少しでも運転に不安を感じたら、この返納ということも考えるべきでしょう。

事故を起こしてしまってからでは遅いのです。



icon まとめ

アクセルとブレーキを踏み間違えたことによる事故を防ぐには、車の仕組みや運転者の年齢という問題だけでなく、免許の更新年齢の上限といったような行政側による対策も求められています。

すぐには難しいかも知れませんが、序々に考えないといけない問題なのは間違いありません。