意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未然に回避する」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「未然に回避する」という表現を知っているでしょうか。

トラブルなどは未然に回避していきたいですよね。

ここでは「未然に回避する」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

未然に回避する

Meaning-Book
「未然に回避する」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「未然に回避する」とは?
  • 「未然に回避する」の英語と解釈
  • 「未然に回避する」の表現の使い方
  • 「未然に回避する」を使った例文と意味を解釈
  • 「未然に回避する」の類語や類義語・言い換え


「未然に回避する」とは?

「未然に回避する」というのは最初から不都合な事態にならないようにする、物事を避けてぶつからないようにする、という意味になります。

未然という言葉には「まだそうでは無い」という意味をもち、まだそうなっていない、そのことが起こらない、という意味になります。

回避する、というのは物事を避けるという意味があり、この2つを合わせて事前に物事を回避する、という意味になるのです。

職場において、起こりうるトラブルは未然に回避していきたいですよね。

避けることが可能なトラブルは、事前にそれが起こらないようにしておくことも重要です。

  • 「未然に回避する」の読み方

「未然に回避する」の読み方

「未然に回避する」とは「みぜんにかいひする」と読みます。

何においても未然に回避できるものは回避しておきたいものです。



「未然に回避する」の英語と解釈

「未然に回避する」という表現を英語にすると“avoid in advance”になります。

最初から回避する、事前に回避する、という意味になります。

「トラブルは未然に回避することが大切です」というのであれば“It's important to avoid the trouble in advance.”になります。

「未然に回避する」の表現の使い方

例えば、海外で生活をする場合などはビザを取得しなければいけないですよね。

しかし、ビザの取得方法は年々変化しているとも言われており、滞在先の国によっても用意しなければならない書類等が異なるため、事前に調べておかなければいけません。

日本国内でビザを取得する場合は在日本大使館に問い合わせなければいけないこともあるでしょう。

しかし、きちんと調べず、直前にビザを取得しようとすれば、何らかのトラブルが生じてしまう可能性もあります。

時間に余裕を持ってきちんと調べ、トラブルを「未然に回避する」ことが重要なのです。



「未然に回避する」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「未然に回避する」を使った例文1
  • 「未然に回避する」を使った例文2

「未然に回避する」を使った例文1

「子供たちに事前に言い聞かせたことで、遠足等でのトラブルは『未然に回避する』ことが可能でした」

遠足や社会見学などに出かける場合、子供たちに注意事項をしっかり伝えておくことが求められます。

子供たちに何が危険なのか、何をしてはいけないのか、などとしっかりと聞かせておくことで、子供たちが意識できるようになるのです。

子供たちは言わなければわからないということもありますし、学んでいる最中ですから、大人たちが最初から教えていかなければいけません。

「未然に回避する」を使った例文2

「二次災害を『未然に回避する』ため、防災意識を高めることが必要です」

日本は自然災害が多い国として知られていますよね。

台風や地震のみならず、2011年には前代未聞の津波が起こり、多くの人が被害に遭いました。

そのような時、二次災害を「未然に回避する」ため、しっかりと防災意識を高めることも求められています。

もしも災害が起こったらどのようにしたらよいのか、どこで家族と落ち合うのか、どのように連絡を取るのか、などということをしっかりと決めておきましょう。

それによって起こる必要のないトラブルを回避することが可能になります。

「未然に回避する」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「未然に防ぐ」
  • 「未然に阻止する」

「未然に防ぐ」

未然に防ぐ、というのは物事が発生しないうちに、その物事が発生しないようにするという意味です。

発生しないように対処するという意味でもあります。

「未然に阻止する」

未然に阻止する、という表現も発生しないように対処する、という意味になります。

未然に防ぐ、という表現と同じ意味を持ちます。

icon まとめ

トラブル等は未然に回避しなければいけません。

また、そのためにはトラブルが起こるということを予測する必要もありますね。