意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不安」とは?意味や使い方!例文や解釈

「不安」とは、「漠然とした心配なことがあって落ち着かない心理状態」を意味する言葉です。

「不安」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・不安を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

不安

Meaning-Book
「不安」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「不安」とは?
  • 「不安」の表現の使い方
  • 「不安」を使った言葉と意味を解釈
  • 「不安」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「不安」の反対語
  • 「不安」の類語や類義語・言い換え
  • 「不安」の英語と解釈

「不安」とは?

「不安」という言葉は、「漠然とした心配事があって落ち着かない心理状態」「気がかり・懸念があって安心できないこと」を意味しています。

「不安」というのは、「何となく気がかりなことがあって、落ち着かない安心できない心理状態」「何か悪いことがあると思って恐れる心理」「上手くいかないと思って自信がない心理」を意味する表現なのです。

「不安」の一般的な用法では「特定の心配事・気がかりがあって落ち着かない」の意味でも使われますが、精神医学・臨床心理学などの専門的な用法では「恐れ・心配の対象を特定できない落ち着かない病的な心理状態、自分が脅かされているという漠然とした恐れ」の意味で使われます。

  • 「不安」の読み方
  • 「不安」の語源や漢字

「不安」の読み方

「不安」の読み方は、「ふあん」になります。

「不安」の語源や漢字

「不安」の語源は、その漢字の語源的な意味・成り立ちから考えられます。

「不安」「安」という漢字の語源的な意味は、「安らか・安らぐ・静か・落ち着いている・値段が安い」などになります。

「安」の成り立ちは、「家屋の象形」「両手を重ねてひざまずく女性の象形」から家の中で女性が「安らぐ」を意味する会意文字にあります。

「不安」「不」という漢字の語源的な意味は、「否定の助字で~しない」「そうしない・そうではない・花房(はなぶさ)」などになります。

「不+安=不安」で、「安らがない・安らげない(安心できない恐れのある心理状態)」を意味することになったのです。

「不安」の表現の使い方

「不安」の表現の使い方は、「漠然とした心配があって落ち着かない心理状態」「気がかり・懸念する物事があって安心できない」「上手くいくかどうか自信がない気持ち」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「本番のピアノ演奏会を前にして、不安な気持ちが強まってきました」といった文章で、この「不安」の表現を正しく使用することができます。

「不安」を使った言葉と意味を解釈

「不安」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「不安が強い」
  • 「不安が生じる」
  • 「不安がない」

「不安が強い」

「不安が強い」という言葉は、「漠然とした恐れ(あるいは具体的な心配事)があって、落ち着かない気持ちが強い状態」を意味しています。

例えば、「新しい仕事や環境に飛び込む時には、どうしても不安が強くなってしまいます」といった文章で、この言葉を使うことができます。

「不安が生じる」

「不安が生じる」という表現は、「何らかの恐れ・心配をきっかけにして、安心できない心理状態が起こること」を意味しています。

例えば、「パニック障害という精神疾患を発症すると、電車やバスの中で突然不安が生じてしまうようになるのです」などの文章で、この言葉を使用することができます。

「不安がない」

「不安がない」という言葉は、「気がかり・心配事などによる落ち着かない心理状態がないこと」を意味しています。

例えば、「不安がない毎日を送れるというだけでも、私にとっては最高の幸せなのです」といった文章で、この言葉を使えます。

「不安」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「不安」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「不安」を使った例文1
  • 「不安」を使った例文2

「不安」を使った例文1

「高校生の娘がとっくに学校が終わっているはずの午後7時になっても帰宅しないので、不安な気持ちばかりが募ってきました」

この「不安」を使った例文は、「高校生の娘がとっくに学校が終わっているはずの午後7時になっても帰宅しないので、娘のことが心配で落ち着かない気持ちばかりが強くなってきた」ということを意味しています。

「不安」を使った例文2

「新しい仕事で慣れないことも多いと思いますが、少しでも不安なことがあれば私に相談して下さい」

この「不安」を使った例文は、「新しい仕事で慣れないことも多いと思いますが、少しでも分からなくて心配になるような事柄があれば、私に相談して下さい」ということを意味しています。

「不安」の反対語

「不安」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「安心」

「安心」

「不安」の反対語として、「安心」を上げることができます。

「不安」という言葉は、「自分が脅かされているという漠然とした恐れの気持ちがあり、安心できず落ち着かない心理状態」を意味しています。

「安心」というのは、「不安がなく、落ち着いて安らいでいる心理状態」を意味する言葉です。

それらの意味合いから、「不安」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「安心」を上げることができるのです。

「不安」の類語や類義語・言い換え

「不安」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「心配・胸騒ぎ」
  • 「気がかり・懸念」
  • 「憂い・悩み」

「心配・胸騒ぎ」

「不安」の類語・言い換えとして、「心配・胸騒ぎ(むなさわぎ)」があります。

「心配」というのは、「自分や相手に何か悪いことが起こるのではないかと気がかりなこと」を意味する言葉です。

「胸騒ぎ」の表現は、「悪いことが起こるかもしれない予感によって、胸がドキドキして落ち着かないこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「不安」と近しい似た意味のある類語として、「心配・胸騒ぎ」の言葉を指摘できます。

「気がかり・懸念」

「不安」の類義語・言い換えとして、「気がかり・懸念」があります。

「気がかり」という表現は、「心配で気になること・不安に思っていること」を意味しています。

「懸念」という言葉は、「不安に思うような気がかりなことがあること」を意味しています。

それらの意味合いから、気がかりで落ち着かないを示す「不安」の表現は、「気がかり・懸念」という表現で言い換えられるのです。

「憂い・悩み」

「不安」の類義語・言い換えとして、「憂い(うれい)・悩み」があります。

「不安」という言葉は、「悩み事があって落ち着かない心理状態」「憂慮する気がかりなことがあって安心できないこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「不安」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「憂い・悩み」を上げることができるのです。

「不安」の英語と解釈

不安 meaning in english

「不安」という言葉は、“anxiety”(不安・心配)や“uneasiness”(落ち着かない・簡単ではない・不安)といった英語で表現することができます。

  • “I got over my anxiety through training.”

“I got over my anxiety through training.”

「不安」を使ったこの英語の例文は、「私は訓練によって不安を乗り越えました」ということを意味しています。

icon まとめ

「不安」という言葉について徹底的に解説しましたが、「不安」には「漠然とした心配なことがあって落ち着かない心理状態」「気がかり・懸念があって安心できないこと」などの意味があります。

「不安」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「心配・胸騒ぎ」「気がかり・懸念」「憂い・悩み」などがあります。

「不安」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。