意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思案」とは?意味や使い方!例文や解釈

「思案」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「思案」という言葉を使った例文や、「思案」の類語を紹介して行きます。

思案

Meaning-Book
「思案」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「思案」とは?
  • 「思案」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「思案」を使った例文や短文など
  • 「思案」を使った言葉と解釈

「思案」とは?

「思案」という言葉を知っているでしょうか。

今後の人生について、「思案」した経験がある人もいるでしょう。

一方で、「思案」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「思案」という言葉の意味を紹介します。

  • 「思案」の読み方
  • 「思案」の意味

「思案」の読み方

「思案」「しあん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「思案」「しあん」と読みましょう。

「思案」の意味

「思案」という言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「思案」には、「どうしたらいいか、考えを巡らすこと」という意味があります。

「人生について思案する」という場合は、今後の人生をどう生きて行けばいいか、考えを巡らすという意味になります。

このように「思案」には「どうしたらいいか、考えを巡らすこと」という意味があります。

「思案」の類語や類似表現や似た言葉

次に「思案」の類語や類似表現を紹介します。

「思案」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「考える」
  • 「思考」
  • 「思索」

「考える」

「考える」には、「頭の中で、あれこれと思い巡らすこと」という意味があります。

「ランチを前に、何を食べるか考える」という場合は、ランチ時に、何を食べようか、あれこれと頭の中で思いを巡らすこと」という意味があります。

「考える」は、毎日のように使う、一般的に知られている言葉です。

「思考」

「思考」という言葉も、一般的に良く知られている言葉です。

「思考」には、「あれこれと考えを巡らすこと」という意味があります。

「考える」とほとんど同じ意味があります。

「思考力が足りない」という言葉には、「あれこれと考える力が足りていない」という意味があります。

「思索」

「思索」には、「筋道を立てて、考えを進めること」という意味があります。

「思索に耽る」という言葉には、「朝から晩まで、筋道を立てて考えることに熱中する」という意味があります。

「思案」を使った例文や短文など

次に「思案」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思案」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「思案」を使った例文1
  • 「思案」を使った例文2

「思案」を使った例文1

「A課長は、仕事の手を止めて、『思案』を始めた」

この例文は、ビジネスシーンで、上司が考えを巡らせ始めた場面を切り取ったものです。

仕事をしている時、このまま進めていいものか、迷う場面があります。

惰性でそのまま進めてしまい、後で間違っていたと気付けば、無駄な時間を費やすことになります。

このような無駄を防ぐため、疑問が出たら、どうしたらいいか思いを巡らすことが大切かもしれません。

A課長のように、時折、「思案」する習慣をつけると、効率よく仕事ができるかもしれません。

「思案」を使った例文2

「彼女に告白するかどうか、思案しているうちに眠ってしまう」

恋愛の場面では、様々なことに思いを巡らすでしょう。

この例文のように、告白するかどうかについて、「思案」した経験がある人も多いのではないでしょうか。

このような重大な問題は、そう簡単に答えが出ないため、朝から晩まで考えを巡らせてしまうかもしれません。

結果的に疲れ果てて、「思案」したまま眠ってしまうかもしれません。

しかし、告白に限らず大切な決断をする前は、考えを巡らせたまま眠ってしまうくらい一生懸命「思案」することも大切でしょう。

起きた時に、明確な結論が出ているかもしれません。

「思案」を使った言葉と解釈

「思案」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「思案」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「引っ込み事案」
  • 「思案に暮れる」
  • 「あれこれと思案」
  • 「思案に余る」

「引っ込み事案」

「思案」を使った言葉の中に、「引っ込み思案」という言葉があります。

「引っ込み思案」には、「内気で、自分から人前に出たり、積極的な行動ができないこと」という意味があります。

また「内気な性格」という意味もあります。

「引っ込み思案な若者」という場合は、「内気で、自分から積極的に人に声を掛けたりできない若者」という意味になります。

「思案に暮れる」

「思案に暮れる」という言葉も、頻繁に使われます。

「思案に暮れる」には、「迷って考えが定まらない」という意味があります。

考えを巡らすものの、答えが出ずに、日が暮れてしまった時などに、「思案に暮れる」という言葉を使います。

例えば、引越しのため部屋の片づけをしている時に、子供の頃に大切にしていたオモチャを見つけた時、捨てるか、新居に持って行くか迷うのではないでしょうか。

このような時、「オモチャの整理で思案に暮れる」などという文章を作れます。

「あれこれと思案」

「あれこれと思案」には、「あれこれと、考えを巡らす」という意味があります。

一つのことに集中して考えるのではなく、様々なことに思いを巡らせる時、「あれこれと思案」という言葉を使います。

例えば会社が終わって駅に向かう帰り道、「夕食は何を食べよう」「スポーツジムに寄るかどうか」「本屋に立ち寄るかどうか」「友達に連絡するかどうか」などを、同時にいくつも考えるのではないでしょうか。

このような時、「あれこれと思案している」と言えるでしょう。

「思案に余る」

「思案に余る」という言い回しも、良く使われます。

「思案に余る」には、「いくら考えても、良い考えが浮かばない」という意味があります。

例えば、将来について考えても、まるで良い考えが浮かばない時、「将来について、思案に余る」という表現ができます。

「思案に余り、先生に相談する」「思案に余り、とりあえず始めてみる」などという使い方ができます。

icon まとめ

「思案」という言葉について見てきました。

どうしたらいいか、考えを巡らす時、「思案」という言葉を使ってみましょう。

また内気な性格な人を見かけた時は「引っ込み事案」、良い考えが浮かばない時は「思案に余る」などの言葉も使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。