意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

慣用句の「胸に手を当てる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「胸に手を当てる」とは、「過去の自分の言動・振る舞いについて省みること」を意味する言葉です。

「胸に手を当てる」「意味・語源と使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
慣用句の「胸に手を当てる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「胸に手を当てる」とは?
  • 「胸に手を当てる」の語源や表現の使い方
  • 「胸に手を当てる」を使った例文と意味を解釈
  • 「胸に手を当てる」の類語や類義語・言い換え

「胸に手を当てる」とは?

「胸に手を当てる」という慣用句は、「過去の自分の言動・振る舞いについて省みること、反省すること」を意味しています。

「胸に手を当てる」というのは、「自分の言動を振り返りながら落ち着いて物事をじっくり考える姿勢」を意味する慣用句なのです。

「胸に手を当てる」の語源や表現の使い方

「胸に手を当てる」の語源は、「両手を胸に当ててじっくりと物事を考える動作・仕草」にあります。

「胸に手を当てる」という慣用句は「人が過去を振り返って物事を考える時の動作・仕草」に語源があり、その意味から転じて「過去の自分の振る舞いを省みながらよく考えること」の意味が生まれたのです。

「胸に手を当てる」の表現は、「過去の自分の言動を振り返って反省する時」「落ち着いて物事をじっくり考える時」に使うという使い方になります。

「胸に手を当てる」を使った例文と意味を解釈

「胸に手を当てる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「胸に手を当てる」を使った例文1
  • 「胸に手を当てる」を使った例文2

「胸に手を当てる」を使った例文1

「昨日、自分が友達に何をしたのか、胸に手を当てて考えてみなさい」

この「胸に手を当てる」を使った例文は、「昨日、自分が友達に何をしたのか、自分の言動を振り返って(反省すべき点を振り返って)よく考えてみなさい」ということを意味しています。

「胸に手を当てる」を使った例文2

「胸に手を当てて考えてみると、今までお世話になった人たちに対して何の恩返しもできていないことに気づきました」

この「胸に手を当てる」を使った例文は、「過去の自分の言動・人付き合いを反省してよく考えてみると、今までお世話になった人たちに対して何の恩返しもできていないことに気づいた」ということを意味しています。

「胸に手を当てる」の類語や類義語・言い換え

「胸に手を当てる」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「過去を反省する」
  • 「自分を見つめ直す・内省する」
  • 「自分の良心(胸)に聞いてみる」

「過去を反省する」

「胸に手を当てる」の類語・言い換えとして、「過去を反省する」があります。

「胸に手を当てる」とは、「自分の過去の振る舞いを振り返って反省すること」を意味しています。

その意味から、「胸に手を当てる」の表現は「過去を反省する」という表現に言い換えられるのです。

「自分を見つめ直す・内省する」

「胸に手を当てる」の類義語・言い換えとして、「自分を見つめ直す・内省する」があります。

「胸に手を当てる」という表現は、「今までの自分のあり方を見つめ直すこと」「自分の振る舞い・考え方などを内省して考えること」を意味しています。

「胸に手を当てる」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「自分を見つめ直す・内省する」を指摘できます。

「自分の良心(胸)に聞いてみる」

「胸に手を当てる」の類語・言い換えとして、「自分の良心(胸)に聞いてみる」があります。

「胸に手を当てる」という慣用句は、「自問自答することで、自分の過去の言動を反省すること」を意味しています。

その意味から、「胸に手を当てる」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「自分の良心(胸)に聞いてみる」という表現が上げられるのです。

icon まとめ

「胸に手を当てる」という言葉について解説しましたが、「胸に手を当てる」には「過去の自分の言動・振る舞いについて省みること」などの意味があります。

「胸に手を当てる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「過去を反省する」「自分を見つめ直す・内省する」「自分の良心(胸)に聞いてみる」などがあります。

「胸に手を当てる」という言葉について調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。