意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「里心がつく」の意味とは!例文や表現の使い

「里心がつく」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「里心がつく」という言葉を使った例文や、「里心がつく」の類語を紹介して行きます。

里心がつく

Meaning-Book
「里心がつく」の意味とは!例文や表現の使い>


目次

  • 「里心がつく」とは?
  • 「里心がつく」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「里心がつく」を使った例文や短文など

「里心がつく」とは?

「里心がつく」という言葉を知っているでしょうか。

一人暮らしを始めてすぐに、「里心がつく」経験をした人もいるでしょう。

一方で、「里心がつく」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「里心がつく」という言葉の意味を紹介します。

  • 「里心がつく」の読み方
  • 「里心がつく」の意味

「里心がつく」の読み方

「里心がつく」「さとごころがつく」と読みます。

「里心」「さとごころ」と読み、「りしん」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「里心がつく」「さとごころがつく」と読みましょう。

「里心がつく」の意味

「里心がつく」には、どのような意味があるでしょうか。

「里心がつく」には、「実家や故郷を恋しく思う気持ちになる」という意味があります。

例えば実家を離れて一人暮らしを始めた人が、実家の賑やかな様子を思い出し、「家に帰りたい」と思う時、「里心がついた」と言えます。

このように、「里心がつく」には、「実家や故郷を恋しく思い、借りたいと思う気持ち」という意味があります。

「里心がつく」の類語や類似表現や似た言葉

次に「里心がつく」の類語や類似表現を紹介します。

「里心がつく」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ホームシック」
  • 「望郷の念」

「ホームシック」

「ホームシック」には、「家庭や故郷を懐かしく思い、帰りたいと思う心情」という意味があります。

「里心がつく」とほとんど同じ意味のため、言い換えに使えます。

「望郷の念」

「望郷の念」には「家や故郷を懐かしく思い、帰りたいと思う気持ち」という意味があり、「里心がつく」「ホームシック」と同じような意味があります。

3つの言葉をセットで覚えておくと、ボキャブラリーが豊富になるでしょう。

「里心がつく」を使った例文や短文など

最後に「里心がつく」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「里心がつく」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「里心がつく」を使った例文1
  • 「里心がつく」を使った例文2

「里心がつく」を使った例文1

「三泊四日の旅行中に、『里心がつく』」

たった、三泊四日の旅行でも、「家に帰りたい」と思う人がいるかもしれません。

それほど家は居心地がよく、大切な人が待ってくれているためです。

このように短期の旅行でも、「里心がつく」ことはあります。

「里心がつく」を使った例文2

「フランスでの修行中は、『里心がつく』が、気にしない」 この例文のように、日本を離れフランスに渡っている人の中には、フレンチやスイーツ修業のためという人もいます。

仮に「里心がつく」ことがあっても、その度に家に帰るわけにはいかないため、そのような気持ちを無視するしかないかもしれません。

icon まとめ

「里心がつく」という言葉について見てきました。

遠く離れた時、実家や故郷、家に帰りたいと思った時、「里心がつく」という言葉を使ってみましょう。