意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たゆまぬ挑戦」とは?意味!類語や言い換え

たゆまぬ挑戦という表現を知っているでしょうか。

何か目的を達するためにはたゆまぬ挑戦が必要ですよね。

ここではたゆまぬ挑戦という表現について紹介します。

たゆまぬ挑戦

Meaning-Book
「たゆまぬ挑戦」とは?意味!類語や言い換え>


目次

  • 「たゆまぬ挑戦」とは?
  • 「たゆまぬ挑戦」の表現の使い方
  • 「たゆまぬ挑戦」を使った例文と意味を解釈
  • 「たゆまぬ挑戦」の類語や言い換え

「たゆまぬ挑戦」とは?

たゆまぬ挑戦というのは途絶えることなく、着実に挑戦していく、諦めずに努力をする、という意味になります。

たゆまぬ、という言葉には途絶えることなく続けていくなどという意味があり、挑戦という言葉には困難な物事や新しい記録などに立ち向かうという意味があります。

例えばオリンピック選手などは日々たゆまぬ挑戦を続け、オリンピックに出場する権利を勝ち取り、世界規模の試合で自分の力を発揮するのです。

うまくいかず落ち込むこともあるでしょう。

しかしそのような時もあきらめないで努力をする時、それはたゆまぬ挑戦といえます。

「たゆまぬ挑戦」の表現の使い方

たゆまぬ挑戦という表現は日常的にも使える言葉であり、目標に向けて努力をしている人はだれでもたゆまぬ挑戦を続けているといえます。

例えば、海外の大学院に進学したいと思うのであれば、英語の力を証明しなければいけません。

TOEFLなどを受験し、求められた基準をクリアできるよう、勉強している人もいるのではないでしょうか。

英語の力は1週間や2週間で伸びるものではないため、継続的に努力をしていかなければいけません。

受験にはお金もかかりますので、できる限り早く基準をクリアできるようにたゆまぬ挑戦を続けるのです。

「たゆまぬ挑戦」を使った例文と意味を解釈

ここではたゆまぬ挑戦という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「たゆまぬ挑戦」を使った例文1
  • 「たゆまぬ挑戦」を使った例文2

「たゆまぬ挑戦」を使った例文1

「エジソンはたゆまぬ挑戦を続け、発明をしました」

エジソンと言えば、誰もが知るアメリカの発明家ですよね。

幼い時は変わり者扱いをされ、勉強もできないと考えられていました。

その才能を発揮し、発明家として活動するようになってからも、全てがうまくいくわけではなく、何度も失敗しながらその失敗を糧にして発明を続けたと言われています。

失敗したときに諦めていれば、今の名声は得られなかったと言えるでしょう。

まさにたゆまぬ努力を続けた張本人だといえます。

「たゆまぬ挑戦」を使った例文2

「マザーテレサは異国の地、インドでたゆまぬ挑戦を続けました」

ユーゴスラビアに生まれたマザーテレサは、幼い時から修道女になって貧しい人のために尽くしたいと考えていました。

ある日教会でインドの話を聞き、家族と二度と会えないかもしれないという覚悟を持ってインドに出かけていったのです。

全く知らない土地で人々を助けるというのは簡単ではありません。

しかし、そのような場所でたゆまぬ挑戦を続けたため、マザーテレサはヒンドゥー教など、違った宗教の人たちにも理解されることが可能になったのです。

「たゆまぬ挑戦」の類語や言い換え

ここではたゆまぬ挑戦という表現の類義語を紹介します。

  • 「臥薪嘗胆」
  • 「たゆまぬ努力」

「臥薪嘗胆」

臥薪嘗胆というのはもともとは敵を打とうとして苦労を重ねること、という意味ですが、転じて将来の目標のために、今は我慢して耐え忍ぶ、努力する、という意味で使われています。

1日2日で完了するような何かに対して努力した、ということではなく、長い時間をかけて悲願を達成するという意味で使われます。

また、自分を戒める言葉でもあります。

「たゆまぬ努力」

たゆまぬ努力というのは怠けることなく常に努力する、という意味があります。

長い時間をかけ、力を注いで積み重ねた累積、という意味も持ち合わせています。

icon まとめ

何か目標を定めたら、ぜひたゆまぬ挑戦を続けていきたいものです。

簡単なものではなかったとしても、そのような挑戦は決して無駄にはなりません。